fc2ブログ
 
10/23(土)公演 幻視in堺 ― 能舞台に舞うジャワの夢 ―
告知が遅くなりました。以下の通り、10月にさかいにある能舞台で公演を行います。コロナ禍の状況によって、公演を延期、あるいは無観客上演する可能性がありますので、本ブログで最新情報をご確認ください。

※ 画像をクリックすると拡大されます。

幻視in堺_ちらし表 - web2

幻視in堺_ちらし裏 - web

2021.10水牛「『幻視 in 堺~能舞台に舞うジャワの夢~』公演のお知らせ 」
高橋悠治氏のサイト『水牛』(http://suigyu.com/)の
2021年10月」(水牛のように)コーナーに、
『幻視 in 堺~能舞台に舞うジャワの夢~』公演のお知らせ 」を寄稿しました。
http://suigyu.com/2021/10#post-7764



『幻視 in 堺~能舞台に舞うジャワの夢~』公演のお知らせ
冨岡三智


もう10月…というわけで、今回は今月23日に迫った主催公演の宣伝である。秋以降にはコロナもだいぶ収束しているのではないか…という期待を持って進めた企画で、練習場所を分散したりオンラインを組み合わせたりして練習を乗り越えてきた。なんとか無事に実施できたらなあと思っている。


公演: 幻視in堺 ― 能舞台に舞うジャワの夢 ―
    ジャワ舞踊&ガムラン音楽公演

日時: 2021年10月23日 (土) ①12:30~ ②16:00~
場所: 堺能楽会館・能舞台

プログラム
前半: 舞踊『ガンビョン』(オリジナル振付)
    間狂言(あいきょうげん)
後半: スラカルタ宮廷舞踊『スリンピ・ロボン』(完全版)

※ 堺市文化芸術活動応援補助金対象事業(舞台芸術創造発信事業)


● 幻視 in ~ シリーズ

タイトルに『幻視 in ~』とあるが、実はこれをタイトルにした公演は今回で3回目である。1回目は1998年10月、最初の留学から帰国した年に国営飛鳥歴史公園の野外で実施した『幻視in飛鳥~万葉人の見たジャワの夢~』で、スラカルタ宮廷舞踊『スリンピ・アングリルムンドゥン』を単独で上演した(録音使用)。ちなみにスリンピは4人の女性で踊る舞踊。日没時間を調べて、曲の第1部の終わりで日没となり、第2部で篝火を焚くという風に構成した。ただ、台風がきて1週間延期した上に開演前にまごまごしていたら、開始時点ですでに暗くなってしまったが…。古代から異国文化が入ってきた飛鳥の地でふと目にしたかもしれないような舞踊の幻影…というイメージを創り出してみたかった。

2回目は2005年11月に橋本市教育文化会館大ホールで行った公演『幻視in紀の国~南海に響くジャワの音~』。今回の公演にも出演するダルマブダヤの演奏で、自分で振り付けた『陰陽 ON-YO』と男性優形の舞踊『スリ・パモソ(人の歩む道、の意)』を上演した。『ON-YO』は宮廷舞踊のような感じで作ってもらった曲で、私はドドッという宮廷特有の衣装を着て踊った。この時は橋本市で狂言を習っている姉妹が扮する太郎冠者と次郎冠者が、ジャワ王家を守護するという南海の女王の宮殿に迷い込み、女王の私に出会う…という物語構成にした。南紀からジャワの南海が地下水路でつながっていくようなイメージを出してみた。

そして3回目が今回。今回は能舞台でジャワ舞踊を上演する。前半では現世の女性が登場し、その一生を舞踊で語る。それを聞いていたのは、南蛮船の荷にあったジャワの影絵(ワヤン)から抜け出てきた二人の男。彼の地の言葉やらいろんな言葉を駆使して堺の町をさまよっている間に、松原の向こうに天女が降り立つ姿を垣間見て心を奪われる…。この人の男の場面は機能的にはまさしく間狂言(二場物の能で前ジテの退場後,後ジテの登場までのあいだをつなぐ役)なのだが、『幻視 in 紀の国』の公演の時の太郎冠者、次郎冠者のシーンも私は間狂言とプログラムに書いていたことを最近発見した。間狂言を挟んで異次元にいく構成が私は好きらしい…とあらためて気づく。前回は間狂言をはさんで女性から男性へと変わり、今回は現実の女性から天女へと変わる。

● 間狂言とワヤン

今回の間狂言ではジャワ人のローフィーとナナンがワヤン人形から抜け出したキャラクターになって港町・堺をうろうろする。実はこのシーンは2人に任せているので(全体の構想はあるが)、どうなるか私も予想がつかない。声が低くて老成した雰囲気のあるローフィーと、声が高くて年齢以上に若く見えるナナンがコンビで動いたらきっと面白いに違いないと思っている。2人をワヤン人形から抜け出したキャラクターにしたのは、実は会場の堺能楽会館・館主の大澤徳平氏との話から思いついた。この能楽会館は、大澤氏の母が私財を投じて創設した個人所有の能舞台である。大澤家は堺で江戸時代から続く商家で、自宅は空襲で焼けてしまったが、ワヤンのような人形があったのだと言う。最初の打ち合わせで大澤氏と会った時に、共演者たちの舞台写真を色々見せていたところ、ワヤン上演の写真に目を留めて、こんな影絵人形がうちにもあったよ…という話になったのだった。どういういきさつでその人形が大澤家に来たのか今となっては分からないが、なんだか堺を感じさせる話だなあと思っている。

● ガンビョンとスリンピ

ジャワの芸能は大きく宮廷起源のものと民間起源のものに分かれる。女性舞踊であれば、宮廷舞踊はスリンピとブドヨ、民間舞踊であればレデッ、タレデッ、ロンゲンなどと呼ばれる女芸人の舞踊(スラカルタの場合はガンビョン)しかない。1817年に書かれたラッフルズの『ジャワ誌』に掲載されている女性舞踊の種類もスリンピ、ブドヨ、ロンゲンの3つしかない。現在は舞踊の種類も増えているが、それらはスリンピ+ブドヨ極とロンゲン極の間に存在し、両極の性質が混じっている(他の外来要素が混じっていることもある)と言える。だからこの公演ではこの2極を見てもらう形になる。

この2極の特徴を対比してみると、
宮廷舞踊(スリンピ+ブドヨ):ブダヤン斉唱が作るメロディーにのって踊る、歌い手と踊り手が分離、大太鼓を使う、集団で決まった振付を踊る
民間舞踊(ガンビョン):太鼓が作るリズムにのって踊る、歌いながら踊る、チブロン太鼓を使う、1人で半ば即興的に踊る
となる。

留学していた時、私はスラカルタ宮廷のスリンピとブドヨの元々の長いバージョンを全曲修得するという目標を立てたが、同時にガンビョンを自由に踊れるようになりたいという目標も立てた。ガンビョンには、太鼓の展開パターンや規則に従いつつも半ば即興的に踊る余地がある。女性が歌いながら踊るという煽情的な踊りがガンビョンの元になっているため、実はガンビョンが一般子女が踊ることのできる健全な舞踊になったのは1960年代以降である。その健全化の過程の中で、ガンビョンは宮廷舞踊のように集団女性が決まった振付を踊る舞踊へと変化していった(これには市販カセットの普及という要素も大きい)。しかし、太鼓との駆け引きの中で自分の個性で踊るのがガンビョンの醍醐味だと私は思っている。

ガンビョンはチブロン太鼓の奏法と共に発展し、実はどんな曲でも踊ることができる。大別すればラドラン形式の曲で踊るか、グンディン形式という規模の大きい曲で踊るかの2種類しかない。それで、既存の曲(カセット化されている曲)を全部習ったあと、太鼓の先生にいろんな太鼓のリズムを叩いてもらって録音し、それを舞踊の師匠の所に持って行って練習した。師匠のジョコ女史はまだパターン化する前のガンビョンを知っている世代なのだった。というわけで、今回もそうだが、私が生演奏でガンビョンを踊る時は全体の演出と太鼓の手組を自分で考える。カセットと同じこと、そして過去の公演と全く同じことは二度としない。これは太鼓奏者と演奏者の1人がジャワ人で、私の意を汲みとって形にしてくれるからこそできるというのもある。伝統曲で新しいことをするのは意外にむずかしい。外国人ガムラン奏者だと、どうしても正しいか正しくないか(カセット録音されたものと同じかどうか)という点が達成度を測る目安になってしまいがちな気がする。

逆に、スリンピやブドヨは古い長い振付(40分~1時間)で踊るというのが私の信条である。ジャワでも王宮であれ芸術大学等であれ、短縮したバージョン(15~30分)を踊るのが普通になっていて、たぶん短縮しないバージョンを公演した経験では私は多い方に属するかもしれない。宮廷舞踊は曲の展開と振付が対応している。短縮版ではこの対応関係がずれてしまっている場合もあり、不満を感じることも多い。宮廷舞踊はその長い振付構成でなければ場面展開の構成のうまさや動きの妙は伝わりにくい。

思えば、日本で4人揃ったスリンピをした公演するのは今度が初めてである。2012年の島根公演では4人揃っていたが、あの時はインドネシア国立芸術大学スラカルタ校の一行を招聘し、私以外の3人の踊り手も芸大の先生たちだった。しかし、今回の上演では踊り手4人とも日本在住者である。うち2人は元々スラカルタ王家の踊り子で、結婚して日本に在住している。今回の出演者は、岸城神社(岸和田市)で2009年から10年間、毎年『観月の夕べ』公演を一緒にやってきたメンバーが中心だが、もう1人の踊り手の岡戸さんは私と留学先の大学も大学院(大阪)も同じで、何度かこの『観月の夕べ』公演に出演している。

今回上演する『スリンピ・ロボン』では、踊り手は弓を手に優雅に戦う。後にパク・ブウォノVIII世となるスラカルタの王により1845年に創られた。同じくVIII世が即位前に作った作品としては、他に『スリンピ・ガンビルサウィット』(1843)、『スリンピ・ラグドゥンプル』(1845)があり、動きの語彙や展開に共通性が見られる。

というわけで公演PRに終始した今回の記事だが、私のジャワ舞踊観も少し知ってもらえると嬉しい。

幻視in堺_ちらし表 - web2  幻視in堺_ちらし裏 - web
2021.09水牛「ジャワ王家の世代交代」
先月アップするのを忘れていました!

高橋悠治氏のサイト『水牛』(http://suigyu.com/)の
2021年9月」(水牛のように)コーナーに、
ジャワ王家の世代交代」を寄稿しました。
http://suigyu.com/2021/09#post-7719



ジャワ王家の世代交代
冨岡三智


この8月13日にジャワ4王家の1つ、マンクヌゴロ家の当主であるマンクヌゴロ9世が69歳で亡くなった。そのお葬式から埋葬の模様はZOOMおよびyoutubeでも配信され、私も途中からしばらく見ていた。9世は当初スカルノ大統領の娘スクマワティと結婚し息子がいるが後に離婚、現王妃との間にも王子がいる。実は、留学中に私はこの王子のテダ・シテン(大地に足を付ける儀式、生後約8か月で行う)の儀礼に出席させてもらっているから、この王子はまだ20代半ばくらいのはずだ。この2人のどちらかが後を継いで10世となるだろうと思われる。9世の埋葬後、この2人は墓の前で一緒に9世の写真を掲げて撮影に応じていた。今までのジャワ王家の例を見ていると、新当主即位までだいたい半年くらいはかかりそうだが、円満に代替わりしてほしいと感じる。

というわけで、今回はジャワ4王家の世代交代について感じたことについて書いてみる。

●ジャワの4王家

ジャワの4王家は、16世紀後半にジャワ島中部に興ったマタラム王国の末裔のことである。マタラム王国が1755年に対等に分裂して生まれたのがスラカルタ王国/王家とジョグジャカルタ王国/王家で、これらの2王国はオランダ植民地支配の下でも自治領を維持した。1757年にスラカルタ王家からマンクヌゴロ家が分立、1813年にジョグジャカルタ王家からパク・アラム家が分立した。ちなみに、パク・アラム家の分立はイギリスのジャワ占領期(1811~1816年)のことである。

1942~1945年、日本軍がインドネシアを占領。1945年8月17日にインドネシアが独立宣言し、約5年間の独立戦争を経てインドネシア共和国が発足した。ここで、スラカルタ王国とジョグジャカルタ王国の命運が分かれる。ジョグジャカルタ王国は共和国への貢献が認められて特別州とされ、ジョグジャカルタの王は世襲の州知事、パクアラム家当主も世襲の副知事として認められ、それは現在まで継続している。一方、スラカルタ王国は特別州として認められず、その所領(スラカルタ市とその周囲の6県)は王宮の敷地を除いてすべて中部ジャワ州に編入され、スラカルタ王家とマンクヌゴロ家はその政治的・経済的特権を失った。

スラカルタ王家当主
 - パク・ブウォノ12世(1925生、1945~2004)
 - パク・ブウォノ13世(1948生、2004~)

マンクヌゴロ家当主
 - マンクヌゴロ8世(1925生、1944~1987)
 - マンクヌゴロ9世(1951生、1987~2021)

ジョグジャカルタ王家当主
 - ハメンク・ブウォノ 9世(1912生、1940~1988)
 - ハメンク・ブウォノ10世(1946生、1989~)

パクアラム家当主
 - パク・アラム 8世(1910生、1937~1998)
 - パク・アラム 9世(1938生、1999~2015)
 - パク・アラム10世(1962生、2016~)

スラカルタのパク・ブウォノ12世は日本軍占領時代末期の1945年6月に弱冠20歳で即位し、マンクヌゴロ8世もその前年に19歳で即位している。それに対してジョグジャカルタでは、ハメンク・ブウォノ9世は28歳で即位してインドネシア独立宣言時には33歳、パク・アラム8世は27歳で即位して独立宣言時には35歳だった。この独立宣言時点でジョグジャカルタの当主たちの方がスラカルタの当主たちよりも一回り以上年齢が上で、5年以上在位して宮廷内での地位も固まっていたであろうことが、政治的に立ち回る上で有利に働いたように感じる。その意味ではスラカルタ王国には運がなかった。

●スラカルタ王家のお家騒動

スラカルタの本家の方では、パク・ブウォノ12世が2004年に逝去したのち、現・13世とテジョウラン王子による後継者争いが起きた。12世には皇后がなく、6人の妻との間に35名の王子、王女をもうけたが、生前に後継者を指名していなかった。現・13世の名はハンガベイといい、これは王の最初の王子に付けられる名である。皇后がいない以上、ハンガベイ王子が後継するのが妥当だが、諸理由からそれに反対する声も12世在世中からあった。ハンガベイ王子を押す同母きょうだいと、テジョウラン王子を押す他のきょうだいたちが対立していたが、2012年に和解が成立した。とはいえ、その後も別の内紛が続いている。

私は1996年以来2007年までの間で通算6年余り、留学や調査でスラカルタに滞在し、スラカルタ王家の宮廷舞踊練習や様々な伝統儀礼への参与観察の機会を与えてもらった。そのうち5年余りはパク・ブウォノ12世の在世中である。逝去された時点では大学院進学のため日本に帰国していたが、100日目の供養には出席することができた。だから、内紛続きのニュースを聞くたびに、胸がつぶれる思いがする。
幻視 in 堺公演 ~インドネシア教育文化省元文化局長より祝辞
10/1 祝辞の日本語訳をアップしました。

幻視in堺_ちらし表 - web2  幻視in堺_ちらし裏 - web

本公演に寄せて、カンジェン・パンゲランの称号を持つスラカルタ王家の元舞踊家で、インドネシア教育文化省の元・文化局長(2009~2013)で、私の舞踊の師でもあるスリスティヨ・ティルトクスモ氏より、『幻視 in 堺 ~能舞台に舞うジャワの夢~』公演に対して祝辞を賜りました。以下、その書面画像、文面、日本語訳を掲載します。

Bapak Kanjeng Pangeran Sulistyo Tirtokusumo, mantan Direktur Kesenian (2009-2013), Kementerian Pendidikan dan Kebudayaan Republik Indonesia sekaligus guru tari saya mengirimkan saya kata sambutan untuk pentas kami yang berjudul "Illusion in Sakai, Dance of Nymphs on Noh Stage, Javanese Dance & Gamelan Music Concert".



sambutan sulis



Saya menyambut gembira sekaligus bahagia atas diselenggarakannya pentas seni tari klasik Kraton Surakarta Hadiningrat yang sudah sangat jarang ditampilkan.

Pergelaran ini terasa menjadi istimewa karena 2 (dua) hal, yaitu pertama adalah penarinya dan yang kedua adalah tempatya.

Kolaborasi antara 2 penari Jepang dan 2 penari asal Indonesia yang berbeda latar belakang budayanya menumbuhkan saling pengertian bahwa berbekal penguasaan tari secara benar bisa menepis perbedaan - perbedaan yang mungkin timbul dalam menjalani prosesnya. Dengan demikian dapat tercapai menyatunya rasa yang menjadi spirit dari tari Serimpi yang juga menuntut persamaan tafsir wiraga, serta wirama dari 4 penarinya.

Selanjutnya dengan menari di suatu tempat yang mengharuskan para penari mengenakan kaus kaki, merupakan tantangan tersendiri bagi penari untuk menyesuaikan dan menyiasatinya.

Lepas dari kesulitan dan hambatan dalam proses latihannya, saya percaya bahwa pergelaran Tari Serimpi Lobong ini akan sukses dan diapresiasi dengan baik oleh penonton.

Semoga kegiatan ini akan bisa menjadi motivasi bagi para generasi muda kedua bangsa untuk senantiasa meningkatkan hubungan antar negara melalui jalur pelestarian seni budaya.

Akhir kata saya mengucapkan selamat kepada Michi Tomioka San dan seluruh penari, pemusik dan semua pihak yang terlibat dalam acara ini dan semoga sukses selalu.
Terimakasih...

R a h a y u

Jakarta, 28 September 2021

ttd
Kanjeng Pangeran Sulistyo Tirtokusumo
mantan Direktur Kesenian (2009-2013)
Kementerian Pendidikan dan Kebudayaan RI



いまや上演されることことが極めて少なくなったスラカルタ・ハディニングラット王家の古典舞踊芸術の公演開催に当たり、嬉しく光栄なこととお慶び申し上げます。

この公演は次の2点、すなわち第一に踊り手、第二に場の理由から特別なものであると感じます。

文化背景の異なる2人の日本人の踊り手と2人のインドネシア出身の踊り手が共演することで、舞踊を正しく修得すれば、その過程で生じる違いも埋めることができるのだという理解が相互に育まれることになります。これにより、スリンピの精神であるロソ(※舞踊の持つ味わい)の融合が達成されます。このことはまた、ウィロゴ(※舞踊の動き)の解釈が同一であり、ウィロモ(※音楽や振付のテンポ)が揃っていなければならないということでもあります。

さらに、足袋を履かねばならない場所で踊ることは、それに慣れて行うというだけでも踊り手にとって大変なことでしょう。

練習過程における困難や障害を乗り越え、この『スリンピ・ロボン』の公演が成功し観客に喜んでいただけることを私は確信しております。

この活動が両国の若い世代のモチベーションとなり、文化芸術の保護という道を通じて国同士の関係を絶えず深めていくことを願っています。

最後に、冨岡三智さんとすべての踊り手および演奏者の皆さま、そしてこの催しに関わる全ての方々にお祝いを申し上げ、ご成功を祈念します。

 ジャカルタにて、2021年9月28日

    署名
Kanjeng Pangeran スリスティヨ・ティルトクスモ
元・芸術局長 (2009-2013年)
インドネシア共和国教育文化省


※1 ロソ=ウィロソ、ウィロゴ、ウィロモはジャワ宮廷舞踊で重視される3要素
※2 Kanjeng Pangeranはスラカルタ王家から授与される称号

幻視 in 堺公演 ~出演者紹介
出演者の顔写真と担当。写真が届き次第アップしていきます。

幻視in堺_ちらし表 - web2

公演 『幻視 in 堺 ―能舞台に舞うジャワの夢―』
演奏者紹介


出演者はインドネシアに留学/研修渡航してガムラン音楽に本格的に取り組む日本人と、インドネシアで活躍ののち現在は日本に住むインドネシア人です。中核となるのは2009年から10年間、岸城神社(岸和田市)で毎年『観月の夕べ』公演を行ってきたメンバーたち。皆様になじみのある名前も多いかと思います。岸城神社での公演は神社側の理由で2018年で終了しましたが、再び皆様の前で上演できることを楽しみに(コロナ禍の状況次第ではあるのですが…)現在、主にリモートで練習に励んでいます。

<ジャワ舞踊>
Batak: 冨岡三智
インドネシア国立芸術大学スラカルタ校留学
みち

Gulu:  岡戸香里
インドネシア国立芸術大学スラカルタ校留学
Kaori 岡戸香里

Dada:  Anita Sary
スラカルタ王家・元ブドヨ舞踊家
Nunung Sary

Buncit: Jeny Triani
スラカルタ王家・元舞踊家
Jeny Jenny



<ガムラン演奏>
ダルマ・ブダヤ(山崎晃男、松田仁美、近藤チャコ、明日香郁子、松竹夏鈴、小島冴月)、
ハナジョス(Rofit Ibrahim、佐々木宏実)、
岩本象一、西岡美緒、西田有里、Nanang Ananto Wicaksono


ハナジョス
★ローフィット・イブラヒム(ハナジョス) photo: Yuhei Taichi 
インドネシア国立芸術大学ジョグジャカルタ校卒業。
担当: 太鼓。加えて、間狂言での「ジャワの影絵から抜け出た風変わりな二人の男」のうちの1人。
fotoYuheiTaichi.jpg

★佐々木宏実(ハナジョス)
インドネシア国立芸術大学ジョグジャカルタ校留学。
担当: グンデル
hiromi.jpg

★山崎晃男(ダルマブダヤ、代表)
担当: ルバーブ、手拍子・掛け声
ダルマブダヤ山崎

★松田仁美(ダルマブダヤ)
インドネシア国立芸術大学スラカルタ校留学。
担当: シンデン
松田仁美

★近藤チャコ(ダルマブダヤ)
担当:スレンテム
cako.jpg

★明日香郁子(ダルマブダヤ)
担当: ゲロン
明日香さん

★松竹夏鈴(ダルマブダヤ)
担当: ゲロン
243211904_2657811014514223_2966565517046174130_n.jpg

★小島冴月(ダルマブダヤ)
担当: ゴング、クノン、クトゥ
小島さん


★岩本象一
インドネシア国立芸術大学ジョグジャカルタ校留学
担当: ボナン、デムン、掛け声
いわもと2

★西岡美緒
インドネシア国立芸術大学ジョグジャカルタ校留学
担当: ガンバン
美緒さん

★西田有里
インドネシア国立芸術大学ジョグジャカルタ校留学。
担当: シンデン、ボナン
242818901_567970547746165_9148789784369009460_n.jpg

★Nanang Ananto Wicaksono
インドネシア国立芸術大学ジョグジャカルタ校中退。
担当: デムン、ゲロン、手拍子・掛け声。間狂言での「ジャワの影絵から抜け出た風変わりな二人の男」のうちの1人。
102810379_2576993819296278_5504654085111367284_n.jpg
幻視 in 堺公演 ~スリンピ・ロボンの中のピストルシーン
幻視in堺_ちらし表 - web2  幻視in堺_ちらし裏 - web

10/23 『幻視 in 堺』公演で上演する「スリンピ・ロボン」(完全版)では、弓の戦い2回の後、さらに全員がピストルで発砲するシーンもあります。ピストルは実際に手に持たないので抽象的な振付ですが、公演で確かめてみてください。そのことについて書いたエッセイもあります。
  ↓
「ジャワ舞踊とピストル」(『水牛』2013年7月号)
 http://suigyu.com/noyouni/michi_tomioka/post_299.html

上の文をこのブログでも公開しています。どんなピストルを使うのか、写真も添えています。
http://javanesedance.blog69.fc2.com/blog-entry-632.html
幻視 in 堺公演 ~スリンピ・ロボンの中の「リンチャッ・ガガッ」という動き
幻視in堺_ちらし表 - web2 幻視in堺_ちらし裏 - web

第2部で上演する『スリンピ・ロボン』のハイライトの1つと言って良いのがリンチャッ・ガガッ lincak gagakという振付。体を前後に揺らしながらその場でゆっくり回転する。テンポが少し落ちて、掛け声や手拍子がそれまでより煩雑に入り、宮廷舞踊らしい華やかさに包まれる。そこにスポットライトが当たるような感覚。

実はスラカルタ王家のスリンピ10曲のうち7曲(①タメンギト、②ガンビルサウィッ、③ラグドゥンプル、④ルディラマドゥ、⑤サングパティ、⑥グロンドンプリン、⑦ロボン)にこの振付がある。すべての曲において、リンチャッ・ガガッの前の動きはスカル・スウン sekar suwun。これは瞑想的な雰囲気があり、静かに舞台を滑るように動くのだが、そこからリンチャッ・ガガッで一転華やかな場面になり、逆に空間移動がなくなるところが見どころ。また、7曲のうちロボンを含め4曲(④~⑦)ではスカル・スウンの前の振付がオラ・アスト olah astaで、揺れるような手振りが中心の動きである。振付の中で、手の動き➡足の動き、直線空間移動➡その場で回転という風にフォーカスされる部分が変化していく。この3つの連続する動きの流れが心地よい。

※ スラカルタ宮廷舞踊(スリンピ10曲、ブドヨ2曲)の構成に関心がある方は以下の私の論文を読んでみてください。ダウンロードもできます。(ただし英語) ➡https://www.ijih.org/volumes/article/418

映像: スカル・スウン~リンチャッ・ガガッ (音無し)



QRコード作りました
このブログの右のコラム欄に本ブログのQRコードと、私のユーチューブチャンネルのQRコードを載せました。ユーチューブには、私自身の舞踊映像(宮廷舞踊、コラボレーション映像)だけでなく、私の師匠であるSulistyo Tirtokusumo氏が踊っている映像(本人の依頼により公開)や、主催者から許可を得て公開している映像などがあります。
幻視 in 堺公演 ~スリンピ・ロボン
幻視in堺_ちらし表 - web2 幻視in堺_ちらし裏 - web

今度「スリンピ・ロボン」完全版を上演します。ジャワ宮廷舞踊(スリンピ、ブドヨ)完全版の公演は私はすでに何度もやっているのですが(以下のリンクにそれらの映像がまとまっています)、いずれも演奏はインドネシア国立芸大の教員や学生で、考えたら日本人グループの生演奏で行うのは初めてです!10年続いた『観月の夕べ』公演でもスリンピやブドヨの曲はいつも入れるようにしていたので、割とブダヤン(宮廷舞踊の歌い方)は歌い慣れているメンバーですが、いずれも前半だけをやるとか、半分に短縮して私1人とか2人とかで踊るという形だったので、約40分フルの長さでやるのは初めて。なかなか大変そうですが、順調に仕上がってきています。

過去の私の宮廷舞踊公演の映像リンク集(スリンピではスカルセ、ゴンドクスモ2公演、アングリルムンドゥン、ラグドゥンプル、そしてブドヨではパンクルの映像があります。)
himpunan tautan video tari srimpi & bedhaya saya yg versi lengkap (Srimpi Sukarsih, Srimpi Gondokusumo, Srimpi Anglirmendhung, Srimpi Lagudhempel & Bedhaya Pangkur)
http://javanesedance.blog69.fc2.com/blog-entry-850.html
『ブドヨ キロノ・ラティ』についての記事に加筆
2021年5月にアップした記事「2021.05水牛「1980年代のジャカルタで生まれたブドヨ~『キロノ・ラティ』」に、いくつか注を加筆し、参考写真もアップしました。
http://javanesedance.blog69.fc2.com/blog-entry-1035.html