FC2ブログ
 
2/24大垣 IAMASで踊る
情報科学芸術大学院大学(IAMAS)第18期生修了研究発表会・プロジェクト研究発表会(2/21-24)のうち、「タイムベースドメディア・ガムランコンサート」において、ジャワ舞踊ガンビョン・パンクル(Sl.M)を踊りました。(1曲目演奏にも入りました。)

日時: 2月24日(月・休)12:30-13:30
場所: 岐阜県大垣市 ソフトピアジャパンセンタービル
     1F エントランスホール(信長像のある所)
演奏: マルガサリ
入場無料
演目: 
1) Gd. Turulare kt.2 kr. mg. 4 (soran) pl.
2) Ldr. Semar Mantu
3) IAMAS 校歌
4) Uler Kambang
5) 舞踊 Gambyong Pangkur sl. M

https://www.iamas.ac.jp/exhibit20/

●20200224_6759blog

●20200224_133959blog
信長像と
2003年公演「ダルマニンシウィ」練習映像
== Indonesian follows Japanese. English follows Indonesian. ===

2003年に私も参加した公演「ダルマニンシウィ」のドレスリハーサル前の練習映像です。主催により許可が出ましたので、ここに公開します。スラカルタ宮廷舞踊家のクスモケソウォが振り付けた2作品をその直弟子が踊り、クスモケソウォの孫が3作目を振り付けています。最後に出演関係者でクスモケソウォの墓参をしています。

Latihan Dharmaning Siwi di Sono Seni (Retna Pamudya, Sri Pamoso, Dharmaning Siwi, dan jiarah)


この公演の詳細については以下のエッセイで書いていますが、このエッセイはサイト『水牛』のアーカイブには未収録で、本ブログに掲載しています。

『水牛』 2003年3月号 「ジャワでの舞踊公演(1)公演の背景」 
『水牛』 2003年4月号 「ジャワでの舞踊公演(2)」




Gladi kotor untuk Pagelaran Tari "Dharmaning Siwi" (Darma Bakti Seorang Anak kepada Leluhurnya)
Ujian Penciptaan Tari Pascasarjana ISI Surakarta
oleh Djoko Tutuko

* Rekaman gambar oleh Michi Tomioka ini terbuka untuk umum atas izin dari Djoko Tutuko.

30 Januari 2003 latihan di tempat pentas (pendopo Sono Seni), Surakarta
31 Januari 2003 jiarah ke makam RT Koesoemokesowo (1909-1972)

1. "Rentna Pamudya" (versi asli)
pencipta tari: RT Koesoemokesowo
penari: Retna Maruti (murid RT Koesoemokesowo)

2. "Sri Pamoso" (penggalian)
pencipta tari: RT Koesoemokesowo
penari: Sulistyo Tirtokusumo (murid RT Koesoemokesowo)

3. "Dharmaning Siwi"
pencipta tari: Djoko Tutuko
pencipta musik: Suwito
penari: Michi Tomioka, Saryuni Padminingsih, Hadawiyah Endah Utami, Sri Styoasih, Susiwi Hadinoto, Aru Jybtarti, Ali Marsudi, Hartanto



Rehearsal of "Dharmaning Siwi" (Dedication from the grandson to his grandfather/ Surakarta Court dancer:RT Koesoemokesowo and his mother/dance master: Sri Sutjiati Djoko Soehardjo),
the graduation performance of the Graduated school of Indonesian Institute of the Arts Surakarta
presented by Djoko Tutuko

* This image recording by Michi Tomioka was open to the public with the permission of Djoko Tutuko.

30 January 2003 stage rehersal(pendopo Sono Seni), Surakarta, Indonesia
31 January 2003 visiting the grave of RT Koesoemokesowo (1909-1972)

1. "Rentna Pamudya" (the original version)
Choreography: RT Koesoemokesowo
Dancer: Retna Maruti (pupil of RT Koesoemokesowo)

2. "Sri Pamoso" (reconstruction)
Choreography: RT Koesoemokesowo
Dancer: Sulistyo Tirtokusumo (pupil of RT Koesoemokesowo)

3. "Dharmaning Siwi"
Choreography: Djoko Tutuko
Music Composer: Suwito
Dancers: Michi Tomioka, Saryuni Padminingsih, Hadawiyah Endah Utami, Sri Styoasih, Susiwi Hadinoto, Aru Jybtarti, Ali Marsudi, Hartant (pupils of Sri Sutjiati Djoko Soehardjo)

9/28 日本の祭り in なら・かしはら 2019
ジャワ舞踊ではありませんが…以下に出演しました。十津川村武蔵の盆踊りは大学生時代にフィールドワーク実習で行って以来、節目節目に行っています。村の方々以外に村の盆踊りに数十年関わっている外部学生らも参加してほしいと要請があったとのことで出演しました。

20190928武蔵盆踊り
スタンバイ前に親善大使の人たちと。

第27回地域伝統芸能全国大会
「地域伝統芸能による豊かなまちづくり大会なら・かしはら」

愛称: 日本の祭り in なら・かしはら 2019

日時: 2019年9月28日(土)
場所: ジェイテクトアリーナ奈良(サブ会場)
団体: 奈良県十津川村武蔵踊保存会
演目: 十津川の大踊・盆踊 として
     お松くどき、おかげ節、
     伊勢音頭(西川、小原、武蔵の十津川村3地区合同)
https://matsuri-narakashihara.jp/index.php
※ 上記の公式サイト>出演団体>奈良県内招聘団体に団体や演目の詳しい解説があります。
9/2インドネシア・日本まつり出演
以下の公演に出演しました。

インドネシア・日本まつり
FESTIVAL INDONESIA-JEPANG


日時: 2018年9月2日(日) 14:00~14:30 ジャワ舞踊
                  16:15~16:50 影絵                  
会場: 湊町リバープレイス/大阪市
料金: 無料
主催: 在大阪インドネシア共和国総領事館

20180902ちらし

ジャワ舞踊
①東ジャワ・マランの舞踊 バパンBapang
  踊り手: Joni Putra Asmara

②中ジャワ・ソロの舞踊 ガンビョン・パンクルGambyong Pangkur
  踊り手: 冨岡三智

実は私が着用しているカイン(腰布)はソロのものではなく、インドラマユという西ジャワ地域のもの。海辺の町ならではの魚や海藻などの柄が特徴です。現在のガンビョンでは、ソガ(黄色がかった茶色の染料)で染めたソロ特有の色のカインを着用しますが、かつては(まだガンビョンという舞踊が洗練されたものになっていなかった時代)、色物のカインを着用していたという話を年配者へのインタビューで聞き、一度、やってみたいと思っていました。今回のようなににぎやかなお祭りの場なら良いかなと思い、試してみました。

tamura hirokazu2
写真: Tamura Hirokazu

tamura hirokazu1
写真: Tamura Hirokazu

③ジョグジャカルタ特別州の舞踊 ゴレッ・ランバンサリ Golek Lambangsari
 踊り手: 岡戸香里、坂口裕美子、西岡美緒

演奏: ハナジョス&コンチョコンチョ
5/13 大阪能楽大連吟 出演
唐突ながら、以下の会に出演します。

2018 大阪能楽大連吟
日時: 5月13日(日)午後3:00 ~ 4:30
会場: 四天王寺・五智光院(大阪市天王寺区)
演目: 高砂、石橋
料金: 2000円


●公式サイトより趣旨:
能楽大連吟は、「謡」を通じて古き良き日本文化の再生と、「大合唱」という新たなエッセンスを加え、老若男女のコミュニケーションの輪を広げるという新たな試みです。2008年に京都で始まった「能楽大連吟」の講師陣のうち、観世流 齊藤信輔・今村哲朗 両人と、能楽コーディネーター 山村貴司の3人が満を持して2018年、大阪・四天王寺にて「大阪能楽大連吟」を立ち上げる運びとなりました。
 
 というわけで、私も下手の何とかながら謡に初挑戦です。この企画は一言で言うなら「100人の第九・能楽版」です。下手なのはさておき、人と一緒にやるのは楽しく、今回あらためてジャワの芸能との共通点を発見しながら新鮮な気持ちで取り組んでいます。
 指導ならびに当日シテを務められる齊藤先生は、私が2007年に企画した能のインドネシア公演に参加してくださった先生です。(左項にある記事分類>プロデュース(32)>'07 能インドネシア公演(5) を参照)
 ちなみに、会場の五智光院は重要文化財で、元和9年(1623年)徳川秀忠による再建です。 
 なお、チケット購入は私の方へ連絡下さるか、または直接会場でもOKとのことです。

企画の詳細、会場などは以下の公式サイトよりご確認下さい。
https://osaka-dairengin.com/

アクセス: 
JR「天王寺」駅から北へ徒歩12分
地下鉄御堂筋線「天王寺」駅から北へ徒歩12分
地下鉄谷町線「四天王寺前夕陽ヶ丘」駅から南へ徒歩5分
近鉄「大阪阿部野橋」駅から北へ徒歩14分
2015年10月「ルトノ・パムディヨ」の動画
2年前に出演した公演の動画があることが判明したので、ここにアップします。

2015年10月10日(土) 大阪府箕面市グリーンホールにて、在日インドネシア留学生協会の主催によるインドネシア伝統芸術公演『ハヌマンの修業の旅』に出演した時のもので、動画の35分頃から48分頃まで、私が「ルトノ・パムディヨ」(ジャワ舞踊スラカルタ様式)を踊っています。ハノマン(白いサル)がインドネシア各地を旅していくという物語の中で、ジャワに来たシーンという設定です。



当該ブログ記事: 10/10 箕面にて踊る
11/11 ワールド・フェスティバル天理出演
以下のイベントで踊りました。自宅周辺では朝から大雨で心配しましたが、天理ではそれほどでもなく、イベントが始まる頃には太陽も顔を出し始めました。衣装は肩を出すのをやめて、クバヤ(ブラウス)にしました。

20171111天理

以下のイベントで踊ります。

ワールド・フェスティバル天理
日時: 2017年11月11日(土) 10:00~16:00
     私の出演予定時間は 10:35~10:50(3番目)
場所: 天理駅前広場コフフン


上演演目: Nut Karsaning Widhi(ヌッ・カルサニン・ウィディ)の一部
       (スレンドロ音階、12分)
曲名は「魂を研鑽し、梵我一如となる」の意味。ジャワ舞踊スラカルタ様式の
手法で振付した同名の曲の一部。振付:冨岡三智。音楽:ワルヨ・サストロ・
スカルノ(インドネシア国立芸術大学スラカルタ校教員)。2011年、インドネシ
ア・バンドン国営ラジオ局で初演。  

★イベントについて
開催時間: 10:00~16:00
内容: 世界のダンス、和太鼓演奏、大道芸
     世界のビールやワイン祭、世界の料理・雑貨の販売
料金: 入場無料
主催: 天理市
後援: 奈良県・歴史街道推進協議会・近畿日本鉄道株式会社・天理大学・一般財団法人奈良県ビジターズビューロー
事務局: ワールドフェスティバル天理2017実行委員会事務局/天理市 産業振興課
TEL (0743)63‐1001(内線208)
NARA・国際交流フェスティバル 前夜祭も同時開催
詳細: http://www.sap-co.jp/narakokusai

22366774_145689822837199_3634653069686796443_n.jpg

22405385_145689869503861_7281377356634872852_n.jpg
10/22 大安寺国際縁日出演
以下の通り、ガン封じのお寺として有名な大安寺で毎年開催されるイベントにジャワ舞踊の会の名前で出演します。岸城神社での公演の翌週に、やはり、岸城神社にも出演する西岡さん&坂口さんコンビと共に出演。

10/22 UP!
朝6時時点において奈良市に警報が出たため、イベントは中止となりました。
 
実行委員会の方々の準備の大変さを思うと、また私どもも大変楽しみにしていたので残念ですが、こんな大型台風に見舞われたのでは仕方ありません…。もっとも古来より天災は為政者に人徳がないためということになっているので(笑)、いま選挙をやっている為政者の方々の徳が払底しているということだったのかも…。

10/20UP
主催者より連絡があり、朝6時時点において奈良市に警報が出ていればイベントは中止、そうでなければ雨天でも開催とのことです。


催事名: 大安寺国際縁日(10:00~16:00)     
日 時: 10月22日(日)12:55~13:25
会 場: 大安寺 境内(奈良市)

http://narastagclub.jp/event_ennichi20171022.html

入場料: 無料

交 通: JR奈良駅/近鉄奈良駅よりバス
      (大安寺/シャープ前/白土町 行)10分、大安寺バス停下車
      ➡ http://www.daianji.or.jp/08/0802.html

内 容:
1. 冨岡三智 「ヌット・カルサニン・ウィディ」
曲名は「魂を研鑽し、梵我一如となる」の意味。ジャワ舞踊スラカルタ様式の手法で振付した同名の曲の一部。振付:冨岡三智。音楽:ワルヨ・サストロ・スカルノ(インドネシア国立芸術大学スラカルタ校教員)。2011年、インドネシア・バンドン国営ラジオ局で初演。

2. 西岡美緒&坂口裕美子 「ゴレッ アユンアユン」
ジャワ舞踊ジョグジャカルタ様式の巨匠サスミント・ディプロにより、1970年大阪万博の為に作られた曲で、曲名は「ゆらゆら揺れる」という意味。恋をし、自分の生きる意味を探し求めつつ大人になってゆく女性を描いている。

大安寺2017_en-niti20171022-omote

大安寺2017_en-niti20171022-ura
7/29 「インドネシア伝統舞踊の会」公演写真・映像
下記公演が無事に終わりました。ご来場くださいました皆様、ありがとうございました。

「インドネシア伝統舞踊の会」
2017年7月29日(土)
奈良市中部公民館、イベントホール
共催: 在大阪インドネシア共和国総領事館
     日本インドネシア友好協会奈良
後援: 奈良市教育委員会、奈良市国際交流協会

20170729奈良市インドネシア伝統舞踊の会FC2blog

萩原1 -blog
写真: 萩原フミワティ様より

私はKutut Manggung, pl. barangの曲に合わせ、ガンビョン(ジャワ舞踊スラカルタ様式)を踊りました。ちなみに上半身に巻いているクムベンと呼ばれる布は、ジャワでは木綿の絞りを使うのですが、今回は着物の友禅絞りを使っています。

抜水20 抜水23
抜水25 抜水28
写真: 抜水みどり様より

萩原3 -blog
写真: 萩原フミワティ様より

●当日の映像

インドネシア伝統舞踊の会2017年7月29日ジャワ舞踊ガンビョン•冨岡三智


撮影:抜水みどり様
舞踊映像 201112.30 Angin dari Candi
最近、事情があってyoutubeにアップした私の舞踊映像を紹介します。2011年12月30日、インドネシア、ジャワ島のチャンディー・スク―遺跡で開催されたイベント(インドネシア観光文化省後援)において、遺跡の亀石の上で踊りました。石の上に載ってよいということで(日本人研究者にこの写真を見せたら、「載ってええんか?!と叫んでました)、いくつかある亀石の一番前の亀の背中に載ったのですが、こいつだけへたっていて、肩が下がっていて、踊りにくかったです(笑)

曲は20数分ありますが、その中から2分足らずを抜き出しています。全体がこういう音楽ばかりではありません。作曲は、ISI Surakarta(インドネシア国立芸術大学スラカルタ校)音楽科教員で、通称はパ・ワルヨ Pak Waluyoです。

 "Angin dari Candi "
https://www.youtube.com/watch?v=9VjS1-FHuGM
収録 1分57秒

詳細
舞踊・振付: 冨岡三智
作品名: アンギン・ダリ・チャンディ Angin Dari Candi (遺跡寺院からの風)
楽曲名: ヌッ・カルサニン・ウィディ Nur Karsaning Widhi
作曲者: ワルヨ・サストロ・スカルノ Waluyo Sastro Sukarno
上 演:  2011年12月30日、インドネシア、ジャワ島チャンディー・スク―寺院

candi sukuh6 2011