FC2ブログ
 
公演 Iwan Tirta "Tanding Gendhing"
2007年8月3日(金)17:30-開場、20:00-開演
ISI Surakarta(インドネシア国立芸大スラカルタ校)、Teater Kecilにて
1. "Srimpi Moncar" マンクヌガランより
2. "Tanding Gendhing"


初演時に製作された本(非売品)にはまだ掲載されていなかったのだが、今回の公演パンフレットには私の文章が掲載されている。タイトルは”ringkasan sejarah Tari Srimpi dan Bedhaya ke Luar Tembok Keraton”(概史 スリンピとブドヨ、宮廷の外へ)。

昨年のジャカルタ初演の時は、照明が普通のファッションショーのような派手派手しいもので、関係者一同みな驚いたものだが、今回はしっとりと落ち着いた照明になり、また舞踊の動きもより抑制されて、バティックの良さが引き立っていた。ジャカルタ公演ではアリーナ形式の舞台だったが、今回はプロセニウム舞台で、側面からの照明もあったのが、非常に効果的。
終了後、「どうぞ舞台に上がってバティックを間近でご覧ください」とアナウンスがあって、観客一同舞台に上がってバティックを手にとって見たり、踊り手と写真を撮ったりする。

iwan.jpg

イワン・ティルタ氏と

関連記事
2006年12月7日ジャカルタにて初演
今回の巡回公演の日程
TV出演
2007年8月1日 メトロTV(ジャカルタ)スタジオにて
"Kick Andy"というトーク番組(全国放送)の撮影


metroTV1.jpg

入口ゲート

metroTV2.jpg

この建物で撮影


朝一番の飛行機でジャカルタへ行き、空港で出迎えがあって、まずはホテルへチェックイン。その後16:30にホテルに迎えがきてスタジオ入り。収録は19:00頃から始まり、終わってホテルへ戻ると23:00頃だったような気がする。翌日飛行機でソロへ戻る。

私はテレビを持っていないので知らなかったのだが、この番組は結構有名なよう。
8月にはインドネシアの独立記念日(8月17日)があって、ナショナリズムがテーマ。私が出演した回はインドネシア文化を愛し追求している外国人・元外国人3人が登場。その3人とは、元オーストラリア人でインドネシアに帰化したガウラ氏(この人はワヤン操者で、ソロのクラトンからKRTの称号をもらっている)、ジャワ舞踊をやっている日本人の私、そしてシネトロンや最近はテレビのプレゼンターとして活躍しているオーストラリア人のマス・ワハユ(マスは敬称)。

7月30日にソロの自宅で受けた取材のビデオが編集されていて、背後のスクリーンに流れる。そしてスリンピ・ゴンドクスモの一部を踊る。

放映予定日は
8月16日(木)22:05-23:05
8月19日(日)15:05-16:05(再放送)