FC2ブログ
 
スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
12/16ビジネス実践インドネシア語講座
12/16 加筆
年内最後の講座、終わりました。
本日のデザートの写真をアップします。

20171216インドネシア語講座デザート源兵衛

いつの間にかリンゴの季節となりました。本日のデザートは市内産のリンゴの蜜漬け。葉はソレルの一種だとかで、やや酸味があります。そこに酸味のあるインドネシア産のトラジャコーヒーを合わせてくださいました。

デザートもさることながら、今回の目玉は源兵衛さんが参加された先月のシンガポールへの柿PR使節団の話。いろいろと勉強になりました!

そして講座の内容ですが、今回はリクエストによりビジネスメールの読み方をやりました。

来年は1月28日(日)の開催を予定しています!



2017年最後の講座です。今年は仕事、公演、台風で後半はかなり飛んでしまいました。なお、この日、五條 源兵衛さまは昼はお休み(夜の予約の準備のため)となっております。講座は、昼と夜の営業時間の間に行っていますが、昼食を兼ねてご来場…ということは今度はできません。悪しからずご了承ください。

最新のインドネシアの話題に触れましょう。全然知らなくても解説をご用意しますのでご心配なく。

ビジネス実践インドネシア語講座
2017年1月29日(日)14:30~17:00
レストラン 五條 源兵衛 (奈良県五條市新町通り) にて
アクセス:JR和歌山線五条駅徒歩10分、無料駐車場有
     http://genbei.info/

●今月の教材内容
決定次第情報アップします。

●参加費: 3000円(当日現金でお支払下さい)
     遠方参加者歓迎!そのために低料金実施中。

●源兵衛特製の茶菓子付 
写真は7月のお菓子です(まくわ瓜、プリンスメロン、ブルーベリー)

イネ語2017年7月源兵衛菓子


今月のトピック:
決定次第、アップします。

参加費: 3000円(当日現金でお支払下さい)
     遠方参加者歓迎!皆様、市外/県外からの参加です。

※ お菓子と教材(解説つき)プリントの準備がありますので、出席ご希望の方は前日夜中までにメールフォームからメールをお願いします。
スポンサーサイト
2017.12水牛「能舞台に舞うジャワ舞踊」
高橋悠治氏のサイト『水牛』の
2017年12月」(水牛のように)コーナーに、
今月は「能舞台に舞うジャワ舞踊」を寄稿しました。

以前投稿している舞台写真やビデオも併せてご覧ください。
舞台写真1 http://javanesedance.blog69.fc2.com/blog-entry-900.html
舞台写真2 http://javanesedance.blog69.fc2.com/blog-entry-902.html
衣装写真  http://javanesedance.blog69.fc2.com/blog-entry-901.html
舞台映像  http://javanesedance.blog69.fc2.com/blog-entry-899.html

私のエッセイのバックナンバーはこちら→ 冨岡三智アーカイブ
※ 2002年11月から同サイトに寄稿しています。




能舞台に舞うジャワ舞踊

冨岡三智

去る11月25日に奈良春日野国際フォーラム「甍」能楽ホールでジャワ舞踊を上演する機会を得たので、今回はその話。この上演は日本アートマネジメント学会第19回全国大会の関連企画「能舞台に出会う」の一環で、能舞台の魅力を引き出すというのがテーマだった。私自身、能舞台でジャワ宮廷舞踊を舞ってみたいという希望を長らく持っていた。能をインドネシアで紹介する事業を実施した(水牛2007年2月号参照)のも、両者の空間感覚に通じるものを感じていたから。今回その希望がかない、しかも学会のサポートもあって照明の使用などをホールに認めてもらうことができたのを嬉しく思う。

20171022_140306 ブログ用
奈良春日野国際フォーラム「甍」能楽ホール

●『ブドヨ〜天女降臨〜』

これは今回の私の上演題目で、ジャワ宮廷女性舞踊『スリンピ・アングリルムンドゥン』の前半を1人で舞った。スリンピは4人の女性による宮廷舞踊、ブドヨは9人の女性による宮廷舞踊の種類で、演出や衣装が異なる。この曲は今ではスリンピだが、本来はブドヨとして作られた。振付やステップにブドヨの儀礼的な性格を色濃く残しており、かつ、ブドヨとしても最も古い時代のもので、演目としても「重い」。だから、今回はブドヨとして扱い、ブドヨの衣装であるドドット・アグンを着た。

能舞台で上演するならブドヨだと決めていたのだが、それは、ブドヨの起源が神代に天女が天界の音楽にあわせて舞ったことにあるとされているから。鏡板の松に降臨する天女が舞うとすれば、それはやはりブドヨだろう。ジャワの王はブドヨ上演を通じて王国の安寧を祈念する。それらの点が、天界の調べにのせて国土の繁栄を祈念しつつ、宝物を降らせながら昇天していく『羽衣』の世界に通じるように感じる。

ジャワ宮廷舞踊は四方舞であり、大地を踏むステップが多いブドヨには特に呪術要素が強い(水牛2004年4月号参照)。能と言えばその摺足歩行が注目されるが、たまに床をドンと踏みしめる音に私は惹きつけられる。ジャワ宮廷舞踊にも、床を踏み鳴らすステップがあるのだ(その音からドゥブゥッと呼ばれる)。このステップは民間舞踊にはなく、宮廷舞踊を特徴づけるものになっている。

●柱と床

ジャワ宮廷の儀礼舞踊は、プンドポと呼ばれる壁のない建物の中央の、四本の柱で囲まれたホールのような空間で上演される。この4本の柱(ソコ・グル)は高い屋根を持つ建築全体を構造的に支えているだけではなく、日本の「大黒柱」という言葉のように徴的な意味合いを持つ。4本の柱が四方:東西南北を象徴するとされるのは能舞台と同じである。高い屋根の梁には祖霊神が棲んでいるとされ、4本の柱は天と地=プンドポの四角い空間を垂直につなぐ。ジャワ王家ではソコグルは1本の巨木を4分割して採られるが、それは、世界は結局1つの軸でつながっていることを示しているかのようだ。ソコグルの柱の中には布で覆われ、供物が置かれているものがあるが、それはその柱に霊が宿っていることを示す。

能舞台とプンドポの空間感覚には通じるものがあると前に言ったけれど、少し違う部分もある。プンドポでは柱が重視される一方、能舞台では床面の方が重視なのではないかと今回感じた。舞台上では必ず白足袋を履くのも、床面の保護という物理的な理由以上に、清浄さを尊ぶからのように感じられる。ちなみに、プンドポの床面は王宮なら大理石である。そして、本来なら裾にバラの花びらを巻き込んで舞う。だから、裾を蹴り出すたびにバラの花びらがこぼれ舞い散って、まるで散華のように見えるのだが、日本だと能舞台でなくても室内でこの演出をするのは難しい。

能舞台の床面は想像以上に滑らかで、体重をかけると自然と滑り出してしまいそうだ。この床上で『安宅』や『石橋』のような激しい動きができることに驚く。ケンセルという横に滑る動きが、何のひっかかりもなく流れていく。もちろん、それは足袋を履いているからこそだが、長く引きずる裾(ジャワ舞踊の衣装)に載って滑る(無論、そんなことはしてはいけない)よりも、よく滑る。橋掛かりを退場する時に客席の方を向いてケンセルしたのは、天空を滑るような感覚が表現できそうに思ったからだった。

その橋掛かりだが、実際に見える以上に遠いと感じた。実際に歩いた時間は揚げ幕を出てシテ柱まで1分、そこから舞台中央前方まで30秒であり、ジャワ宮廷舞踊の上演時には5〜8分くらい入退場に時間をかける私にとっては、時間的に長いわけではない。けれど、思った以上に橋掛かりから観客も舞台も遠く、違う世界から1人で舞台に上陸していくという感覚が確かにあって、少し怖さを感じた。

●照明

今回の舞台で私がこだわったのは、地明かり以外に照明器具を持ち込むことだった。能では〜ジャワ宮廷舞踊でも同じだが〜、舞台全体をフラットに照らした中で上演し、スポットライトなどオプションの照明を使うことはしない。そこに、見せるための舞台芸術(ジャワで言うトントナン)ではないという古典芸能の矜持を強く感じる一方、世阿弥なら使ったかもしれない…と、不遜にも思うのだ。私は2007年にジャワでブドヨ公演をしたときにも照明を使ったことがある。舞踊の振付を分析すると、当時の演出家も照明やズームカメラ(映像なら)など様々な技法を使いたかっただろう…と確信できる点があったからだが、賛否両論の反応があった。今回も賛否両論あるだろうな…とは覚悟している。

今回照明をつけたのも、第一に振付自体に陰影を感じさせるものがあるからだが、第二に、空間的、雰囲気的(神秘的だとか)な奥行を作り出したかったからである。地明かり照明は舞い手の姿をはっきり見せる一方、空間をフラットに見せてしまう。しかし、能が描くのは幽玄な空間であり、ゆがんだ時空の裂け目に顔を出す非日常の世界なのだから、現代のような舞台技術があれば世阿弥もそれを利用するのではないか?と私には思えてしまう。

私は橋掛かりを通る時に鏡の間から一筋のように光を照らしてもらい、また、舞台にいる時は遠く上手から一筋の光を投影してもらった。このような使い方は意外だったようである。実のところ、私が照らしたかったのは自分自身ではなくて床だった。私は平面的な世界に影を落とす存在(天女だけど)として舞台に登場したかった。能舞台では柱よりも床が重要なように感じると前述したけれど、光が差し込み、地面で照り返し、それが対象物に当たって影ができてこの世が切り開かれていくような空間が能舞台には合うのではないかな…と私には思えた。それが成功しているか失敗しているかは見た人の判断によるのだけれど、少なくとも私自身が見たいと思う能舞台空間を演出しようと思ったことは間違いない。伝統芸能の舞台でも、演者の技量だけでなく空間自体を見せることを考えても良いのではないかと思っている。

https://youtu.be/Fy_SIfJpvWE

---
11/25 「能舞台に出会う」 写真2
能舞台での公演をご覧になって写真に撮られておられた方(実は知人の身内の方でした!)から写真を頂戴しました。許可も得ましたので、ここに写真を公開させていただきます。

日本アートマネジメント学会第19回全国大会<奈良>関連企画
「能舞台に出会う」 
日時: 2017年11月25日(土)         
場所: 奈良春日野国際フォーラム 甍
演目: 「ブドヨ ~天女降臨~」
舞踊&照明デザイン: 冨岡三智

撮影: 池田冴子さま

池田冴子_能舞台ブドヨimage5

池田冴子_能舞台ブドヨimage6

池田冴子_能舞台ブドヨ

池田冴子_能舞台ブドヨimage7

池田冴子_能舞台ブドヨimage8

池田冴子_能舞台ブドヨimage9

池田冴子_能舞台ブドヨimage10

池田冴子_能舞台ブドヨimage11

池田冴子_能舞台ブドヨimage13
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。