fc2ブログ
 
1/21 ラントヨ(ジャワ舞踊基礎)ワークショップ
ジャワ舞踊基礎(ラントヨ)ワークショップ
2024年1月21日(日)
五條市立中央公民館にて

ジャワ舞踊基礎(ラントヨ)ワークショップ、本日は1名の参加。他の方は体調を崩して&用事で参加できず。今回はまずラントヨ I を復習。自分でスカランをつないでやってもらう。その後sindhet ukel karnoをわりと重点的に復習。その時にジョグジャやバリの舞踊はわりと胸から腰のトルソ部分を固めるけれど、ソロは柔らかいという話に。次にラントヨ IIの復習。立ってlalas kanan ~kiri~kananを復習し、golek iwakを追加。golek iwakは前回、最後に見本だけ見せていた。そこで、laras やgolek iwakなど、体がナンバ(半身ずつ使う)ではない態勢になるのが面白いという意見が受講者から出て、なるほど、と思う。受講者はジョグジャ舞踊をやっている人、そして私はジョグジャ舞踊は全然やっていないので(まじって混乱しそうだと思ったので、留学中も全然習わなかった)、こういう発見が私自身にも勉強になる。larasとgolek iwakを重点的にやった後、ridhong sampur hojogを少し。

golek iwakの動き
20240121wsrantoyo.jpg

2024.01水牛_龍が立ち上る
高橋悠治氏のサイト『水牛』(http://suigyu.com/)の
2024年1月」(水牛のように)コーナーに、
龍が立ち上る」を寄稿しました。

本記事 https://suigyu.com/2024/01#post-9532
冨岡三智バックナンバー https://suigyu.com/category/noyouni/michi_tomioka



龍が立ち上る
冨岡三智


今年は辰年。龍というと、私はブドヨ(9人の女性で踊るジャワ宮廷舞踊)を想像する。2004年4月号の『水牛』に寄稿した「私のスリンピ・ブドヨ観」で書いたのだけれど、ブドヨには前に進むかと思えば後退し、また進み……を繰り返し、大地を踏み固めるように踊る。踊り手のポジションによっては少々ステップが異なり、それによって隊形が少しずつ変化していく。陰陽師が行う反閇(へんばい、呪文を唱え大地を踏みしめて邪気を払う呪法)のように、歩くという行為はそれ自体が宗教的、呪術的行為になり得る。9人のブドヨの踊り手が大地を踏みしめてもぞもぞ、ぬるぬると徘徊していくうちにエネルギーが生じ、「気」が立ち上り、それが巨大な1頭の龍となって大地を這い、谷を霧のように流れていくような感覚に襲われる。そんな龍が他人の目にも見えてくるようなブドヨ(またはブドヨ的な舞踊)が踊れたら…という目標のイメージはずっと持っていたのだけれど、そう思ってからすでに20年経っている…。いい加減に腰を上げないとということで、自分に発破をかけるべくここに書いてみた。今年の目標である。
2024年正月
初春のお慶びを申し上げます
2024(令和6)年甲辰元日


今年は上り龍のように飛躍の年となりますように…。細く長く活動を継続していきますので、よろしくお引き立てのほど、お願い申し上げます。

昨年の出来事

① 国立芸術大学スラカルタ校が発行する国際学術雑誌に論文が掲載されました。(2022年末に査読が通り、年が明けてからウェブで公開されました)
Michi Tomioka.2022. "The influence of the Panji Tales on the lyrics of bedhaya ketawang". Dewa Ruci. Vol.17., No.2. pp.71-77..
https://jurnal.isi-ska.ac.id/index.php/dewaruci/article/view/4147/pdf

② 3月11日に堺市文化芸術活動応援補助金を得て公演『幻視 in 堺―南海からの贈り物―』を主催しました。

③ 5月13日、マルガサリ(能勢町)にて故・シスワディ氏(元インドネシア国立芸術大学ジョグジャカルタ校ガムラン学科長)の1周忌のコンサートで踊りました。

④ 6月にインドネシアに行き、私が大変お世話になった故・Djoko Tutuko氏(私の師匠の長男、スラバヤ教育大学教員)の1000日供養に参列しました。

⑤ 6月から月1回のワークショップを始めました。ジャワ舞踊の基礎練習(ラントヨ)を、地元・五條市の公民館でやっています。参加者は今のところ市外・県外からばかりで市内や市町村からの参加はまだです。興味のある方、ぜひどうぞ!

写真は2008.9.7 島根県浜田市・湊八幡宮にて岡崎神楽社中とコラボレーション上演した時の作品「オロチ・ナーガ」。辰年にちなんで。
オロチナーガ辰年ブログ