FC2ブログ
 
2007年2月7日 春節(Imlek)
2月7日は中国の旧暦正月である春節。当然、華人系インドネシア人たちもこの日を祝う。インドネシア語ではImlek。インドネシアでは、1965年9月30日事件以来、スハルトによって共産党が非合法化され、華人文化が抑圧されていたのだけれど、スハルト退陣後の2000年にそれらが解除された。(ちなみに私は2000年から2度目の留学をしていた)そして2002年からは春節も正式に国民の祝日となり、2006年からは、儒教が6番目の公認宗教に認められるようになった。(ちなみに私は2006年から、今度は留学でなくて調査なのだけれど、3度目の長期滞在をしていた)

そして、昨年12月始めにジャカルタに行ったら、タマン・ミニ公園では、儒教コーナーの造成をやっていた。この公園はスハルト夫人の構想で1972年にオープンしたもので、インドネシアの各州の伝統家屋が再現されていたり、各宗教のコーナーがあったりする。儒教公認を受けて、新しくコーナーを作ることになったらしい。たぶん2008年完成は無理と言っていたけれど、いつできるのだろう。

春節といえば、私は2003年の春節の日(もう2度目のインドネシア留学も終わりの頃)に行われた公演に出演したことを思い出す。その日は朝から大雨が降っていて、ちょっと気が滅入っていたのだけれど、インドネシア人の友人が、「中国では春節に雨が降ると豊作だというから、この公演も祝福されているのよ。」と言ってくれたのだった。その後帰国し、日本に留学している中国人の友人に、「春節の日に雨が降ると、中国では豊作になるって言われているそうですね~。」と言うと、彼女は、「え?それは雨じゃなくて雪なんだけど…」と言う。雪が降るなんてインドネシアでありえないから、雨が降れば豊作という風に言い換えることにしたんだろうか…?