FC2ブログ
 
能の表現と能を取り巻く文化
ジャワ舞踊の活動を一時中断して、2007年2月に能をインドネシアで紹介するツアーを実施。おいおいその中身についてアップしていきます。

●メンバー
シテ方: 赤松禎英、山本博通、武富康之、齋藤信輔
囃子方: 竹市学、清水皓祐、守家由訓、中田弘美
講 師: 増田正造
企画制作:冨岡三智

●日程
2月5日(月)
日本を発つ 夜ジャカルタ着
2月6日(火)
朝からスラカルタに向かう
夜 一行のためのジャワ舞踊鑑賞会/芸大舞踊科
2月7日(水)
9:00-12:00 講演/増田正造、通訳・石田式子
13:00-15:00 ワークショップ

講演
20070305014722.jpg

2月8日(木))
10:00-12:00 ワークショップ
19:00-21:30 公演
 
「羽衣」
20070305013845.jpg

「羽衣」photo by Heru Santoso
20070411004714.jpg

「石橋」
20070305013946.jpg

篝火のような雰囲気を少しでも出せればと、ジャワの伝統的なたいまつを使用し、「石橋」の時だけ点火しました。
しらべの時に点火し、さて「石橋」の笛がピーッと響きわたるやいなや、雷鳴とどろき、雨がザーッと降ってきました。そして「石橋」の上演が終わるのと同時くらいに雨が止みましたが、この自然の演出には驚きました。

ここまでの会場:国立芸大スラカルタ校(ISI Surakarta)プンドポ
同校のホームページはこちら→ http://www.isi-ska.ac.id/
学長挨拶の場面とワークショップの場面

2月9日〈金)
朝からジャカルタに向かう
20:00-22:00 レクチャー&公演
会場:国際交流基金ジャカルタ日本文化センター

同センターホームページより本企画の記事はこちら→ http://www.jpf.or.id/artikel.php?gr=KEBUDAYAAN&sg=pertunjukan&ka=kebper000010
「石橋」
20070305015009.jpg
袴姿での上演は案外日本でも見られない貴重なもの

2月10日(土)
13:00-15:00 ワークショップ
会場:ジャカルタ芸術協会(Dewan Kesenian Jakarta)

20070305015349.jpg

その夜ジャカルタを発って
2月11日(日)
朝 日本着

そして
2月14日(水)
18:30-20:30 レクチャー&ワークショップ
会場:大阪国際交流センター

これはインドネシア・ツアーの成果報告会で、林公子氏(近畿大学文芸学部助教授)にファシリテーターとして参加いただきました。

助成: 国際交流基金、(財)朝日新聞文化財団、(財)大阪国際交流センター
後援: 在インドネシア日本国大使館
(社)企業メセナ協議会認定活動

●一行の竹市学氏が、ブログにインドネシア日記を掲載されています。
http://blogs.yahoo.co.jp/nohgakuden