FC2ブログ
 
9月6日
9月6日(土)パサール満月海岸・ドラゴン座にて
19:00~ジャワ舞踊とワヤン・べベルの公演



① 舞踊: バンバン、ファジャール、冨岡三智
最初に冨岡の単独舞い、次にバンバンとファャジャールの2人舞い、最後に3人で舞う。明日の神楽との共演に向けて同じ衣装を着用、2人のスサノオとイナダ姫のイメージで舞い、試演的な内容とする。戸外には篝火が焚かれ、神秘的な雰囲気。
   
2人のスサノオが手にするのは御幣。スサノオは神なので御幣を手に持って登場するが、2人の衣装や動きを見て、通常の御幣より小さいものを三賀森氏が特別に作ってくれる。2人はダダップのようにそれを扱ったところ、その動きがとても御幣に似つかわしいと褒めてもらえる。ダダップは武器として使うが、元々は木の葉がついたままの何とかという木の枝で、お祓いや治癒に使うものだったらしい。そういうわけで、御幣と似たような意味あいがあるようだ。
島根・インドネシア~ 074 島根・インドネシア~ 100 島根・インドネシア~ 116

②ワヤン・べべルの部では、ジャワの伝統的な市場がショッピング・センターへと変遷してゆく様子を描いたダニの絵巻を上演。ダニとファジャールによる絵解き語りと、マタヤ・メンバーとパサール満月海岸スタッフによる伴奏(オモチャの太鼓や鉄琴、クマナ、親指ピアノ、その他各種打楽器)と、冨岡の関西弁によるテキトーな意訳(通訳)の語りで物語は進行。お客様も畳に移り座っての見物で、ジャワの市場で大道芸を見ている
ような、楽しい雰囲気が再現できました。ただし、総出で演奏したので、いい写真がありません…

22:30~ 岡崎神楽社中と共同制作。公開したので、公演後練習を見学される人も。
                     
orochi練習083 島根・インドネシア~
最初、オロチの頭をつけずに練習

島根・インドネシア~ 158 島根・インドネシア~ 199
打ち合わせ中三賀森夫妻に指導を受ける
オロチもうなづく…
島根・インドネシア~ 164 
姫取りのシーン