FC2ブログ
 
フィリピン8期APIフェローの講演
APIフェロー2期の田口さんより、以下のお知らせがきましたので
公開します。

関連記事→ フィリピン8期API フェローの出演するコンサート

================================
JMLレクチャー
作曲家 Jonas Baesジョナス・バエス (フィリピン)を迎えて
「自作品を語るーそのパフォーマンスの社会文化的側面」
"My Compositions and their socio-cultural dimension in performance"

バエス氏は此の度、日本財団のAPIフェローシップとして3月20日に来日されました。

「高度近代化社会におけるアジアの作曲家:日本およびマレーシアの場合 
"Asian Composers in The Milieu of High Modernity: Japan and Malaysia"」
というテーマで、調査をされています。
日本側受入機関は東京芸大です。

日時: 2009年 4月8日 (水) 午後7時
場所: JMLセミナー入野義朗音楽研究所
    世田谷区松原 5-22-2
    (京王線明大前駅より徒歩10分、井の頭線東松原駅より徒歩5分)
TEL:  03-3323-0646 FAX: 03-3325-5468
E-mai: jml-irinopz@nyc.odn.ne.jp 

参加料: ¥1,000 当日申し受けます。終了後小パーティーあり。
企画: 伊藤弘之(作曲家)
     高橋冽子(JMLセミナー入野義朗音楽研究所所長)
協力: 田口雅英(作曲家)
お問い合わせ&参加のお申し込みはJMLまで

【参加は要予約: お申し込みは準備の都合上なるべく前日迄にお願い致します】
地図もJMLまで。

Jonas Baes, Ph.D (作曲家、民族音楽学者)プロフィール
1961年3月4日生まれ。フィリピン大学でラモン・サントス(作曲)、故ホセ・マセダ
(民族音楽学)、ドイツのフライブルグ音楽大学でマティアス・シュパーリンガー
(作曲/音楽と政治)に師事。
フィリピン研究で、フィリピン大学の博士課程を修了。
アジアを中心に世界各地で作品が演奏されており、研究論文も、各種学会、
学術誌(Ethnomusicology等)で発表されている。
現在は、フィリピン大学College of Music 作曲・理論学科の主任として後進の
指導にあたり、東南アジアでの様々な調査研究、創作活動のプロジェクトを
行っている。
==================================