FC2ブログ
 
公演に向けて~通し稽古
本日は演奏陣、踊り手、落語家の出演者に加えて、照明をしてもらう笠井さん、制作協力のフロントダッシュさんたちも集まっての通し稽古です。

予告その①
上方落語なので、ハメ物がにぎやかに入ります。それがガムランという
わけです。ジャワの伝統曲あり、ダルマブダヤのオリジナル曲あり、
伝統的な落語のハメ物のガムラン・バージョンありと、なかなか多彩です。

そのストーリーは…内緒ですが、面白いです。ジャワに旅する男の話です。
なかなか、彼もインドネシアの事情に詳しいですよ。
こんな話を聞けば、ジャワは言うにおよばず、インドネシア全土に旅して
みたくなる気がしないでもない、かもしれない面白さ…。

稽古中の様子は、ワヤン(影絵芝居)において、ダラン(落語家)と、その
演奏をする楽隊(ガムラン)との掛け合いを髣髴させます。ワヤンの
雰囲気がどんなものか見てみたい人、ぜひ、公演を見に来てください。
噺が面白いと、まず演奏者が受ける、というのもジャワっぽい。

予告その②
衣装に注目。演奏者は伝統衣装です。
中に1人、本物のジャワ人が混じっています。探しましょう!
落語家さんの着物の柄にも注目を!ジャワ更紗で仕立てた着物です。
踊り手はなんといっても1曲目のブドヨの衣装が見ものです。
花嫁衣裳と同じで、2.5x4.5mの布を上半身に巻きつけるという
たいそうな格好です。(ちらしの写真のデザインがそれですが、でも
当日は違う色のを着ます。本邦初公開の衣装)