FC2ブログ
 
テアトル・ガラシ公演プログラム
以下、公演プログラムに掲載した内容をここにもアップします。日付や会場、演出、スタッフ、出演者の名前、主催などのデータ類は「7/1公演」のところにそのままアップしていますので、そちらをご覧ください。




リゾームの路上

今日、世界はますますリゾーム(注:中心となる主根がなく、四方八方に伸びていく地下茎の意)化している。リゾームはあらゆるものに忍び寄り、ほとんど瞬間的にからみついてしまう。孤立状態に戻ることはできない。中心であると思われていたものですら同様で、もはや中心としての孤立性を保つことはできない。

しかしこれは同時に、誰もが一人一人、世界全体と孤独に向き合っていることを意味している。それは世界がますますリゾーム化しているからである。誰もが、臨むと望まぬとに関わらず、気がつけばたくさんのものと絡み合っている。それもほぼ一瞬のうちに。これらのたくさんのものに、人は往々にして気づいていない。なぜなら、自分自身もその中でリゾームの一つとなっているから。なぜなら、自分自身も実はリゾームで、自分の中には複数の自己が存在しているから。

それゆえ挑戦というものは、どんな挑戦であっても、もはやひとつの結果を求める挑戦ではあり得ない。人は、自分自身でその挑戦を遂行しなければならない。

ならば国家はどこにいったのか?市民を守ってくれるものではなかったのか?

国家は、たぶん、存在しなくなったわけではない。ただ、少し前から、実質上の権威を失っているだけだ。それは、世界がますますリゾーム化しているからである。あらゆる人、あらゆるものが、国家という枠組みを越えたところで、たくさんのものと絡み合ってしまったからである。

インドネシアの大都市の路上には、このような現実が見てとれる。

そう、この作品はそんなインドネシアの大都市の路上から生まれたものである。この舞台では、日常生活から伸びてきたリゾームが絡み合っている。ここでは、資本にアクセスできる者とそうでない者、グローバリゼーションの恩恵を享受している者と弊害を被っている者との間で、争いや駆け引きが(ときに荒々しく)繰り広げられている。インドネシアのような第三世界の国にありがちな状況である。

「南十字☆路」(原題 Je.ja.l.an/英題 The Streets)はインドネシアの大都市における生活を描いた、ダンスと演劇が融合したパフォーマンスである。

近代的なものと伝統的なもの、コスモポリタンと田舎者、エリートと一般大衆、マジョリティとマイノリティの間で繰り広げられる、争いと駆け引きに満ちた生活。幾つもの物語や同時に起こる行為、オーバーラップする場面、そしてきらびやかな(ときに奇妙かつ滑稽でもある)イメージで塗り固められた生活。

今、この世界が、あなたの前で息づいている。

by ユディ・アフマッド・タジュディン

(静岡芸術劇場公演リーフレットより転載)




「南☆十字路」 上演歴

2008年5月 ジョグジャカルタ州立芸術センター
2008年5月 ジャカルタ芸術大学ルウェス劇場
2009年4月 インドネシア・ダンス・フェスティバル
2010年2月 ジョグジャカルタ州立芸術センター
2010年6月 静岡芸術劇場 「Shizuoka春の芸術祭2010」
2010年7月 アトリエ・エスペース

ユディ・アフマッド・タジュディン

演出家。テアトル・ガラシ創立者の1人で芸術監督。1993年の創立以来、テアトル・ガラシのほとんどの作品を演出。2000年、国際交流基金によるアジア舞台芸術家交流・研修事業として、坂手洋二氏演出の日本・インドネシア共同制作現代演劇「南洋くじら部隊」に参加。2006年、テアトル・ガラシとク・ナウカシアターカンパニーとの共同制作作品「ムネモシュネの贈りもの」を演出。

劇団テアトル・ガラシ

インドネシアのジョグジャカルタ市を拠点に、様々な分野のアーティストが集まり、実験的な現代演劇の創造に取り組む。1993年、ガジャマダ大学・社会政治学部の学生が中心となり設立。芸術監督はユディ・アフマッド・タジュディン。

ガラシはインドネシア語でガレージ、倉庫の意味。設立当初は大学の倉庫を借りて練習していたことにちなむ。しかし、命名の理由はそれだけにとどまらない。1990年代のインドネシアでは、文化的、社会的活動に大仰な名前をつけることを避ける傾向があった。それは、何かにつけ意味づけしたがる一昔前の世代に対して突きつけたアンチテーゼであり、あえて、取るに足りないような名前をつけたのだと、ユディは言う。

テアトル・ガラシは、ダンス、武術などの伝統に学んだ身体表現、現代的でさまざまなイメージを喚起する舞台美術、日常生活の観察などを融合させる取り組みによって、設立以来注目を集めてきた。

また、2001年にはNGO化し、若手演劇人に対するワークショップの開催や出版を通じて、インドネシア演劇界の芸術レベルの向上に積極的に取り組んでいる。

近年はシンガポール公演(2004年)、ベルリン公演(2005年)、東京公演(2006年)など、国際的に活動の場を広げている。日本には4度目の来日となるが、関西公演は今回が初めてである。

http://www.teatergarasi.org/

★古都ジョグジャカルタ

ジャワ島中部にあり、今なお王宮を擁する古都であり、多くの大学が集まる学研都市でもある。京都と姉妹都市提携。伝統舞踊や音楽が盛んなだけでなく、現代美術や西洋音楽が盛んな町としても知られる。

(以上、文責:冨岡三智)