FC2ブログ
 
マレーシア語、インドネシア語 メモ
インドネシア語(イと省略)とマレーシア語(マと省略)で、単語の違いをメモしておきます。

●砂糖もミルクも入らないお茶(ストレート・ティー)のこと

イ:teh tawar(味のないお茶)
マ:tea O (テーオーと読む)、tea O kosong, tea kosong

テーオーのオーって何だろうと思っていたら、「ゼロ」の意味らしい。それで、砂糖もミルクもゼロのお茶ということでテーオーらしいのだが、それだと、しばしばミルクなしだが砂糖は入っているお茶がくるので、どちらもないということを伝えたい場合はkosong(空)という語を付け加えたり、tea kosong(空のお茶)と言ったりするみたいだ。ここでも、ジャワ同様、お茶に砂糖は必須のようだ。しかし、ミルクを入れるのが普通というのは、明らかにイギリス支配の賜物だ。ジャワではミルク入りのお茶はない。ジャワにはミルクの屋台が夜に出るのだが、そこにはコーヒーミルクはあっても、ミルクティーはない。

●みぞれ菓子(果物や豆などが入る)
イ:Es Campur
マ:ABC(air batu campurのこと)

ジャワで混ぜ氷と言う意味のes campurに相当するのが、air batu campur。air batuもesと同様、氷という意味。

●すいか 
イ:semangka
マ:tembikai

他の、ありふれた果物の名称はだいたい同じみたいだが、すいかだけはなぜか、全然違う単語だ。