FC2ブログ
 
ヤマアラシの肉
チニ湖畔での調査の最初の日、現地の人とのコミュニケーションを図るため、クンドゥリという、簡単にいえば町内のみんなで集まって調理し、一緒に食べる会をする。現地のおばさんたちの指図に従って、私たちも手伝う。この日用意してくれた料理の最後に出てきたのが、ヤマアラシの肉。ちなみにマレー語でlandak、英語でporcupineという。まさか、こんな単語を覚える日が来ようとは…。初めは何の肉だか分らなかったが、山に住んでいて、体に針があって…というので、ああ、ヤマアラシかと分かる。そのときに、マレーシアのスタッフの1人が、「ほら、ピカチュウみたいな動物!」と言うので大爆笑。ピカチュウの知名度はなんて高いんだろう。でも、ピカチュウって、ヤマアラシがモデルなんだろうか…。