FC2ブログ
 
ワイサック公演の練習
2007年5月27日4:00~6:30頃 Taman Budaya にてワイサック公演のための練習

仏教の祝日ワイサック(今年は6/1)の日にボロブドゥール遺跡で上演される舞踊ページェントのための練習。4/21掲載のイベントニュースを参照

一行は先週から5月29日までここで練習した後、30日ボロブドゥールでリハーサル。1日、2日が公演本番。

インドネシア・チームは釈迦が悟りを開いてからのシーンを描くと以前に書いたのだが、降魔のシーンから描いていた。そこから悟りを開き、説法し、多くの者が追随するシーンがインドネシアの担当。大勢の人が釈迦を先頭に渦を巻くように歩いていくシーンは、なかなか良さそうだ。音楽はLukasで、ガムラン・スカテンを使っている。鎮静的な雰囲気に満ちている。

仏教はアジアに広まっているから、誰でもストーリーを知っていて描きやすいですねとインドネシアの部の振付担当者に言うと、それがベトナムの人は苦労しているという。共産化して宗教を廃してしまったので、仏教物語をどう描いてよいか分からないらしい。しかも割り当てはインドネシアの後で、涅槃のシーン。さらに振付を命じられたのがバレエの振付家らしい。振付家はどうしよう…と困惑しているらしいが、いったいどんな振付になるのだろう?