FC2ブログ
 
11/18 平城京天平祭・バリ舞踊公演を見る
見に行ってきました。

大極殿の前でジャワ舞踊をやりたいとずっと思っていたので(実際に2年前に提案したことがあるも、あえなく却下された…)、バリ舞踊に先を越されたのは悔しいけれど、いい舞台だったなあと心から思う。1つにはこの大きな舞台を使えるくらいの出演者が関西で揃い、しかも以前よりもレベルアップしてきているから。そして、一番のお目当ての「吉野山」は、バリ舞踊の伝統曲だと言われても納得できるような(少なくとも私の目には)自然な出来ばえだったから。静として、忠信としてとてもリアリティがあって、この作品を「歌舞伎」ですよと言って何も知らない人に見せても、きっと素直に納得してもらえるような気がする。舞台の2人は静として、忠信として生きていたと思う。身体がとても生きていて、音楽と分離していない。そこに、日本のバリ舞踊もここまで来たんだなあと思わせる力がある。

そして、今まで一緒に踊ったこともある松居さんが出演していたのもサプライズ。

平城京天平祭 秋2012
天平の空に捧ぐ‐バリ舞踊とガムラン音楽

日時: 2012年11月18日(日)14:30~16:00
場所: 奈良平城京跡 大極殿前 交流ステージ

主催: 平城京跡にぎわいづくり実行委員会、奈良県、奈良市、平城京天平祭実行委員会
共催: 在大阪インドネシア共和国総領事館
料金: 無料

演目:
1. バレガンジュール(演奏パレード) 
2. パニャンブラマ(歓迎の踊り) 
3. マルガパティ(森の王 虎の踊り) 
4. テヌン(機織りの踊り) 
5. ダヌール・ダラ(弓の練習の踊り) 
6. チェンドラワシ(極楽鳥の踊り) 
7. 創作バリ舞踊 道行初音旅「吉野山」 
  作曲: I Gusti Ngurah Padang 
  振付: 猪野尾 洋美
  舞踊: 猪野尾 洋美(プスパ・ラトナ主宰)、田中 千晶(プルナマ・サリ主宰 )
8. ジョゲ「グラヌラ・ビアンララ(虹の粒子)」(お客様を踊りにお誘いする舞踊) 
  作曲: 横山 苺  
  振付: 松居 知子
  舞踊: 松居 知子(ピタ・マハ主宰)他

http://purnama.exblog.jp/18138697/ より

5の踊りは初めて見たのだが、20年ほど前に作られたクレアシ(新作、creationのこと)らしい。確かに衣装から新作っぽい感じは伝わるが、面白い作品だった。2人の男が(踊り手は女性)弓を持って練習しているという感じの曲だが、緩急が自在で、観客が面白いと思える構成。ジャワではこういう風には振り付けないなあと思う。