FC2ブログ
 
10/20 バリ舞踊スシラワティ女史の公演を見る
公演を見てきました。



花・愛・舞 魂の伝承
~ アグン・スシラワティ バリ古典舞踊の世界 ~


2013年10月20日(日)14:30~開演(14:00開場)
ジーベックホール(神戸ポートアイランド)
※東京・仙台・神戸の三都市公演

■公演プログラム
1. 歓迎の舞踊 ガボール
2. 若き勝利者の舞踊 タルナ・ジャヤ
3. 漁師の舞踊 ヌラヤン
4. 宮廷に仕える女官の舞踊  バヤン・ニンテ
5. ウジャン・マス(器楽曲)
~休憩~
6. スラット・スガラ・マドゥ(器楽曲)
7. 森の王者獅子の舞踊  マルガパティ 
8. 宮廷舞踊 ラッサム王の物語 
   
※3,4は録音使用

スシラワティ先生は「チョンドン」と「タルナ・ジャヤ」の2曲を披露。先生に師事し、一線で活躍する関西在住の日本人バリ舞踊家達、先生からは孫弟子にあたるメンバーも出演、ガムランは日本中からの精鋭メンバーが集まる「バパン・サリ」が共演。

■プロフィール
イ・グスティ・アグン・スシラワティ
 
1948年、インドネシア共和国・バリ州バドゥン生まれ。数々の名曲と舞踊を残したロットリング師の下で6歳より舞踊をはじめる。幼くしてその才能を認められ、20世紀初頭のバリ芸術の黄金時代を築いてきた舞踊家や作曲家より直接の指導を受けることができた。宮廷舞踊やクビヤール舞踊を得意とし、自らも優れた踊り手であるだけでなく、先人の教えを後世に伝承することの出来る、貴重な存在である。

以上、プログラムより