FC2ブログ
 
映像(宮廷舞踊)
● Srimpi Sukarsih (youtube, long version)


2011年に私が指導監修・実演したジャワ宮廷舞踊スリンピ「スカルセ」(完全版)の映像。私は前列右側(バタッbatakといって、一番重要なポジション)。ジャカルタのGelar社製作。インドネシア文化省後援。2014年youtube公開。細部で一部編集間違い(音楽と振り付けがずれる)があります。



● Michi Tomioka


Michi Tomioka from Kantor Pos on Vimeo.



ジャワ宮廷舞踊ブドヨ「パンクル」
2007年6月28日、中部ジャワ州立芸術センターにて
製作・演出・出演・映像編集監修:冨岡三智
共催: 中部ジャワ州立芸術センター
API Fellowship助成事業
出演の踊り手は、冨岡以外はインドネシア国立芸術大学スラカルタ校、インドネシア国立芸術高校スラカルタ校、インドネシア国立芸術大学ジョグジャカルタ校教員です。

関連するブログ記事 ➡ ブドヨ公演 



● Srimpi Anglirmendung Niwabisai



演目: 「スリンピ・アングリルムンドゥン」完全版
Dance Title: "Srimpi Anglir Mendhung" (Javanese court dance, full version)

熊野大社によるお祓い、舞楽と笛の奉納ののち(約7分半)、ジャワ宮廷の儀礼舞踊「スリンピ・アングリルムンドゥン」が上演される。この舞踊は雨をもたらす霊力があるとされる。踊り手は神楽が上演される舞殿から登場する、まるで天女が地上に降り立つかのように。
Following the Shinto purification ritual, the offering Shinto dance called "Kagura" by Kumanotaisya Shrine maiden and the flute music (7.5 minutes), Javanese ritual court dance "Srimpi Anglir Mendhung" is offered. "Srimpi Anglir Mendhung" full of supernatural power is believed to bring rain. The Srimpi dancers emerges from Maiden (the sacred stage for Kagura performance), as if the nymphs come down to the earth. .

日時: 2012年9月8日(土)19:00開演
Date: Saturday, 8 September 2012, 7:00 pm-

場所: 熊野大社境内(島根県松江市八雲町熊野2451)
Place:  Kumanotaisha Shrine in Yakumo, Matsue City,
Shimane Prefecture, JAPAN

第20回庭火祭 2012 国際民族音楽祭 IN 八雲
「かがり火とスリンピの夕べ ―ジャワ宮殿に伝わる四方舞―」
World Performing Art Festival NIWABISAI, the 20th Concert
An Evening of Gamelan & Srimpi by the Light of "Kagaribi"

主催: 庭火祭実行委員会
Organizer: Niwabisai Executive Committee

出演: インドネシア国立芸術大学スラカルタ校舞踊団、冨岡三智
Music & Dance: Institut Seni Indonesia (ISI) Surakarta and Michi Tomioka
gamelan musicians: Slamet Suparno, Al. Suwardi, Darsono, Hadi Boediono, Salim Prayono, Sudarsono, Catur Nugroho, Hastomo, Ndaru Adi Nalang, and Wiwik Purbaningrum
Dancers: Ninik Muyani Strangi, Rusini, Sulistyo Haryanti, and Michi Tomioka (from Japan)

映像: 冨岡三智
Documented by Michi Tomiok



Srimpi Gondokusumo (long version) in Jakarta



ジャワ、スラカルタ宮廷舞踊 (完全版)
日程: 2007年8月26日
会場: タマン・イスマイル・マルズキ
    ~ジャカルタ芸術大学構内 
    Teater Luwes劇場
舞踊: Michi Tomioka,
    Sri Setyoasih,
    Saryuni Padminingsih,
    Hadawiyah Endah Utami
主催: Michi Tomioka



Srimpi Gondokusumo



演目:スリンピ・ゴンドクスモ(完全版)
Title: Srimpi Gondokusumo (long version)

日付:2006年11月26日
Date:26 November 2006

場所:インドネシア国立芸術高校スラカルタ校
Venue:SMKN8 (Sekolah Menengah Kejuruan Negara 8) Surakarta,Indonesia

踊り手/Dancers:Michi Tomioka (冨岡三智, batak)、Setyoasih(gulu)、Saryuni(dada)、Hadawiyah(buncit)
演奏/Gamelan Music:Maju Mawas & Mijil Laras (Garasi Seni Benowo)
クプラッ/keprak player:Pamardi
インフォーマント/informant:Sri Sutjiati Djoko Soehardjo(故)
映像制作/Video: Michi Tomioka(冨岡三智)

※この映像は日本財団API Fellowship助成を受けた冨岡三智の活動「Revaluing Javanese Court Dances (Srimpi and Bedhaya) within the Current Social and Cultural Context 」の一環として作成されました。

This video recording was made as one of Michi Tomioka's activities in the project titled "Revaluing Javanese Court Dances (Srimpi and Bedhaya) within the Current Social and Cultural Context" granted by the Nippon Foundation API Fellowhsip.

この公演についてのブログ記事➡ スリンピ公演

この公演についての水牛寄稿記事
➡ 2007年4月号『水牛』_11月のスリンピ公演〜公演の周辺  
➡ 2007年5月号『水牛』_11月のスリンピ公演〜舞踊について