FC2ブログ
 
11/25 「能舞台に出会う」衣装…ドドット・アグン
11/25 舞う前に楽屋にて。こうやって見ると、かなり私は緊張していたようです…。

能舞台に上がるためには足袋を穿かなくてはなりません。衣装との釣り合いは取れていたと思いますが、長く引きずった裾と擦れ合うせいか、裾が蹴りにくくて困りました。ジャワでは素足で蹴るのですが、そうするとうまく布がさばけます…。

能舞台衣装

これはドドット・アグンdodot agungと呼ばれる着付。上半身に巻き付けているのがドドット・アグンと呼ばれる布で、通常のジャワ更紗の約4倍の面積です。ジャワ王家ではブドヨ(9人の女性による宮廷舞踊)と呼ばれる舞踊や結婚式の花嫁の装束として使われるもので、1970年代に宮廷舞踊が解禁されるまでは門外不出の着付でした。現在でも市販はされていないので、注文以外で入手することはできません。今回上演に使用した『スリンピ・アングリルムンドゥン』は、本来ブドヨであった演目であり、かつ、宮廷舞踊の中でも”重い”演目ですので、スリンピ(4人の女性による宮廷舞踊)であってもふさわしいものです。

ちなみに、下はドドット・アグンをうちのベランダで虫干ししているところ。私はブドヨ公演のためにドドット・アグンを別注したので、9枚持っています。

ドドット虫干し