FC2ブログ
 
公演に向けて~ 出演者紹介
今回は出演者、ならびにスタッフの皆さんの紹介です。

●語り

林家染雀さんです。名前からわかるように落語家さんです。
私もはまったNHKの朝ドラ「ちりとてちん」で鏡小助役(←
役名も知っている)として2度出演されてました。
実は同じ大学のゼミの出身です。

●踊り

もう1人の踊り手は岡戸香里さんです。私と入れ違いにソロに留学
されました。マンクヌガラン王宮の舞踊を中心に修得されているので
カスナナン王宮スタイルのブドヨは初挑戦です。
私より雄々しい人(笑)なので、3曲目では男踊り=恋に落ちた王子の
踊り「ガンビルアノム」を踊っていただきます。
実は現在同じ大学の大学院で研究中。

●ガムラン演奏

ダルマブダヤ
演奏の核として13人が出演私も最初に留学するまでの
7年間在籍した古巣です。そのころからはだいぶ世帯
交代しましたが…
http://www.gamelans.org/

ハナジョス
ジョグジャに留学していた宏実さんとジョグジャ出身の
ローフィットさんのユニット。私は今回が2人と初共演
です。舞踊の太鼓は全部ローフィットさんが叩いてくれます。
http://www.hanajoss.net/

岩本象一さん
神戸のジャワ・ガムラン・グループ「ふいご日和楽団」代表。
彼もジョグジャ留学経験者で、今回が初共演です。
出演をお願いしたのが遅かったのでチラシ印刷には名前
掲載が間に合いませんでした。
http://zousanblog.blogspot.com/

●スタッフの皆さん

音響: ネクスト奈良
2005年にダルマブダヤの演奏で橋本市教育文化会館で
公演したときに、初めて音響をしていただきました。

照明: 笠井友仁さん
彼はHmp Theater Companyの演出家です。この6月に私の
アレンジでインドネシア公演をしました。
http://geocities.yahoo.co.jp/gl/hmp_director

制作協力: フロントダッシュ
実はここの代表の園田恵子さんは、2000年1月に私が岸城神
社の戎殿で踊ったときに、偶然見てくださっていたという
…因縁の人です。
今回は会場準備やジャワティー販売でお世話してくださいます。
http://www.geocities.jp/front_dash/

インターネットラジオ「ラヂオきしわだ」に公演情報アップ 
9月15日
インターネットラヂオ「ラヂオきしわだ」のサイトに、岸城神社での
公演ニュースがアップされました。私が、公演の内容について
いろいろと御紹介しています。うまく話せていないので恥ずかしい
のですが、一度聞いてみてください。

ラヂオきしわだ>イベントのお知らせ
http://fm-kishiwada.co.jp/event.html

観月の夕べのお誘い
インドネシア、ジャワ舞踊奉納公演
舞踊 岡戸香里 冨岡三智
語り 林家染雀
演出 冨岡三智

[聴く] をクリック
公演に向けて ~練習その2
9月7日(月)

もう1人の踊り手、岡戸さんが、今朝インドネシアから帰国。
練習に久々に登場しました。
ブドヨ(舞踊)を通して練習した後(2人で通すのは久し振り)、
彼女の踊るガンビルアノムを練習。
公演に向けて ~協賛企業のお知らせ
今回は協賛してくださる企業さんのご紹介です。

(株) 柿の葉ずしヤマト
〒637-0062 奈良県五條市黒駒町164     
TEL 0747 - 22 - 8010          
http://www.kakinoha.com/
柿の葉寿司は私のふるさとの名産です。
協賛ヤマト ロゴ blog


ダイニングバーチタチタ          
大阪市中央区南本町3-4-10
TEL 06 - 6244 - 5616
http://www.shigotosoken.com/citacita
大阪の本町にお店があります。店内の雰囲気も店員さんも素敵です。
協賛チタチタ ロゴ1 blog

グダン ガラム ショップ
〒542-0086 大阪市中央区西心斎橋2-10-32
TEL:06-6213-7682  
http://www.ggaramshop.jp
インドネシアと言えば、丁子入りのタバコ!
グダンガラムさんはその最大手です。
今回は、会場で試供品が配布されますので、ぜひお楽しみに。

グダンガラム ロゴ

公演に向けて ~共催さんのお知らせ
10月4日(日)18:30 開演
岸和田市・岸城(きしき)神社にて
ジャワ舞踊奉納公演「観月の夕べ」

今回は共催してくださる所のご紹介です。

FM岸和田設立準備委員会・ラヂオきしわだ
http://fm-kishiwada.co.jp/
http://blog.goo.ne.jp/radiokishiwada ←ブログ

2009年3月に設立されたインターネットラジオで、岸和田のコミュニティ・
ネットワークの確立を目指し、その輪をさらに世界へ広げようと構想中。

岸城神社での公演 お食事は?
がんこ岸和田 五風荘

9月10日(木)、岸和田城の隣の、旧岸和田城主の新御茶屋跡のお屋敷
「五風荘」が、「がんこ岸和田五風荘」としてオープンするそうです。

http://www.gankofood.co.jp/news/2009/gofuso/

会場からは歩いてすぐのところです。
公演前のお食事にお勧めです。
こちらで食事もされる場合は、各停電車しか止まらない「蛸地蔵」駅の方が
便利です。

これからも会場周辺の情報をアップしていきます。
公演会場 ~岸城(きしき)神社
ジャワ舞踊奉納公演 観月の夕べ
10月4日(日) 18:30開演
大阪府岸和田市・岸城(きしき)神社にて


今日は会場がどんなところなのかご紹介します。
詳しい由来はまたご紹介するとして…

基本データ
住所: 大阪府岸和田市岸城町11-30
電話: 072-422-0686
URL : http://kishiki.web.infoseek.co.jp/

まず、岸城神社は、岸和田城の前にあります。
(神社は少し奥まった所にあるので、お城は見通せません・・・)
写真を撮ったのは、4月1日お城祭りの時だったので、桜が見えます。
岸和田城

お城の守り神として、神社があります。正面の鳥居です。
岸城神社 鳥居 (2)

正面の鳥居をくぐって参道を歩きますと、次の鳥居が見えてきます。
(短い参道なので、歩かなくても見えています…)
その奥に社殿が見えています。
神社参道から

これが御社殿です。平成18年に着工して、昨年8月に新改築を終えたばかりの、
ヒノキの香りも高い(きっと値段も高い…)堂々たる御社殿です。
この階段の上のスペースで踊らせていただきます。
皆様には、階段の下からご覧いただきます。立派な社殿を仰ぎながら
舞踊をご覧下さい。
岸城神社 社殿

地図はこちら。
手描き神社地図

南海本線の区間急行に乗ると、難波から25分で岸和田駅に着きます。
意外に近いです。岸和田駅から徒歩10分です。
蛸地蔵駅からは徒歩5分ですが、各停の電車でないと止まりません。
10月4日の公演のお知らせ
ジャワ舞踊奉納公演 観月の夕べ

さまよいこんだ男の見たものは
この世のものか、あの世のものか。
これすべて 月の夜の夢…


日時:10月4日(日)18:30開演
会場:岸城(きしき)神社
   大阪府岸和田市岸城町11-30(岸和田城の前)
   南海本線・岸和田駅より徒歩10分


●内容:
落語界きってのインドネシア通・林家染雀による、ジャワを
旅する男の噺。落語家が語る新作落語の物語のシーンの
中で、ジャワ舞踊が展開します。
落語にはジャワ・ガムランのお囃子(ジャワの伝統曲もあれば、
落語のお囃子の曲をガムラン風にアレンジしたものもあり。)
ジャワ舞踊とガムランと落語の3つが混然一体となったコラボ
レーション。

料金:無料(カンパ歓迎)
   カンパは当日会場にて。また以下に振込も可能です。
   りそな銀行・吉野支店・普通・43235
   名義「ジャワ舞踊の会 冨岡三智」

主催:ジャワ舞踊の会 
共催:岸城神社、ラヂオきしわだ
後援:在大阪インドネシア共和国総領事館、岸和田市教育委員会、
   岸和田文化事業協会、大阪文化団体連合会
協賛:日本インドネシア経済協会・関西、(株)柿の葉ずしヤマト、
   ダイニングバーCita-Cita、グダンガラムショップ
制作協力:フロントダッシュ

●出演

舞踊:冨岡三智、岡戸香里
演奏:ダルマブダヤ、HANA JOSS、岩本象一
語り:林家染雀
演出:冨岡三智

●舞踊演目

1) 宮廷舞踊「ブドヨ・パンクル」
ブドヨは本来9人の女性による宮廷儀礼の舞踊で、瞑想的な雰囲気を
生み出す舞踊です。今回は2人で時間も(約30分)に短縮して上演
します。ちらしの写真は、2007年に中部ジャワ州芸術センターにおいて、
冨岡がこのブドヨの復曲公演をしたときのものです。

(2)女性舞踊「ガンビョン」(冨岡)
民間起源の舞踊で、さまざまな太鼓のリズムパターンに合わせて踊ります。
宮廷舞踊とは対極にあり、生き生きとした生命感あふれる女性の舞踊です。

(3)男性舞踊「ガンビルアノム」
恋に落ちた王子が、高揚した気持ちで身なりを整えている場面や、逆に
切々とした気持ちになる場面などが描かれています。これも民間に
古くから伝わる舞踊です。

●その他
ジャワティーの販売の他、軽食やちょっとした販売コーナーも設ける予定です。

●出演者プロフィール
------------------------
冨岡三智 (Tomioka Michi)
------------------------
大阪大学在学中よりダルマブダヤに参加。1996-1998, 2000-2003インド
ネシア国立芸術大学スラカルタ校留学。2006-2007インドネシア科学院
調査員としてジャワ宮廷舞踊の調査・公演。現在、大阪市立大学大学院
在学中。ジャワ伝統舞踊の保存継承の他、2007能のインドネシア公演、
2008石見神楽との共同制作など、日本・インドネシア間の芸術交流を
手がける。
HP http://www.gojo.ne.jp/michi/
ブログ http://javanesedance.blog69.fc2.com/

----------------------
岡戸香里 (Okado Kaori)
-----------------------
愛知県出身。中学生の頃よりモダンダンス、ジャズダンス等を学ぶ。カリフォ
ルニア芸術大学舞踊科在学中にジャワとバリの伝統舞踊・ガムランに出会う。
アメリカで振付師、舞踊家として活動後、2003-2006インドネシア国立芸術
大学スラカルタ校留学。現在、大阪市立大学大学院在学中。関西や東海
地域で舞踊・音楽公演やワークショップを行う。

----------------------------
ダルマブダヤ (Dharma Budaya)
----------------------------
1979 植野アジア芸術文化振興財団との共同事業として大阪大学文学部
音楽学研究室を拠点に結成。ジャワ・ガムランの伝統曲とオリジナル曲の
公演の他、一般向けとして誰でも気軽に参加できるワークショップ「日曜
ガムラン」を行っている。1996インドネシア4都市で公演 1999-2002劇団
態変と共同制作 2000ジャワ・ガムランによる日本初オリジナルガムラン
CD「壺から溢れでるもの」をリリース。メンバーは20~50代の社会人と学生。
代表は山崎晃男(大阪樟蔭女子大学)。
連絡先 info@gamelans.org
HP http://www.gamelans.org/

-----------------------
HANA★JOSS(ハナジョス)
-----------------------
2002ジョグジャカルタで結成。2005より日本で活動。ジャワ・ガムラン、影絵
芝居ワヤンの公演活動の他、HJスタジオや神戸でガムランを教える。2006,
2008 岐阜おおがきビエンナーレ 2008ガムラン「桃太郎」ジャワ公演出演 
ROFIT IBRAHIM(ローフィット・イブラヒム):ジョグジャカルタ生。インドネシアネシア国立芸術大学ジョグジャカルタ校卒業。パクアラマン王宮ガムラン演奏家  佐々木宏実: 神戸大学在学中にガムランに出会う。2002-2004 インドネシア政府奨学生としてインドネシア国立芸術大学ジョグジャカルタ校に留学。
HP http://hanajoss.net/
ブログhttp://hanajoss.exblog.jp/

------------------------------
岩本象一 (Iwamoto Shoichi )
------------------------------
神戸出身。2005-2008 インドネシア政府奨学生としてインドネシア国立芸術大学ジョグジャカルタ校に留学。現在、神戸ジャワ・ガムラン・グループ ふいご日和楽団代表。

------------------------------
林家染雀 (Hayashiya Somejaku)
------------------------------
大阪大学文学部卒業。平成4年四代目林家染丸に入門。平成12年度大阪
文化祭賞奨励賞、なにわ芸術祭奨励賞受賞。桂あやめと組む姉様キングス
やNPO法人・国境なき芸能団でも活躍。ほぼ毎年インドネシアに出かける、
落語界きってのインドネシア通。今年から大手前大学非常勤講師。


イベント情報サイト「ぷらぷら」
 大阪府タウン 全国地域情報
岸城神社公演にむけて -1
10/4 岸城神社での公演に向けて、練習にも熱が入ってきました。
ということで、しばらくは公演練習のレポートをお届けします。

8月23日(日)10:00-20:00 大阪大学にて通し練習
ダルマブダヤの本拠地に、私、ハナジョス、神戸のふいご日和楽団の岩本さん、落語家の染雀さんが集合。あと1人踊り手は、まだジャワにいます…。

今度の公演では、染雀さんの語る1つのお噺の中で、ジャワ舞踊が展開します。
毎年ジャワにインドネシアに行っている染雀さんが、ジャワを旅する男のお噺を作ってくれました。そこにガムランがお囃子でも入ってきます。ジャワの伝統曲あり、オリジナル曲あり、邦楽のアレンジあり、それを落語に合わせて入れていく練習をします。ジャワ舞踊は、その壮大な(?)1つの物語の中で繰り広げられるシーンなのです。

宮廷舞踊のブドヨ・パンクルは、かなり長い息で歌わないといけないので、演奏家兼歌い手の皆さんは大変です。ジャワの宮廷だと、心を落ち着けてこれだけ歌っていればよいのですが、今度の公演では、後の2曲の民間舞踊やお囃子でかなりテンションの高い演奏もしなければなりません。

5時までの練習のはずが、全部終わるともう8時…。皆へとへとでした。

では乞うご期待!



10月4日公演ちらし完成
10月4日(日)18:30-
ジャワ舞踊奉納公演「観月の夕べ」
岸城神社・新社殿にて

ちらしできる。

冨岡 ちらし表 冨岡 ちらし裏

この日は大安の日!満月の日!